文春オンライン

『トップガン マーヴェリック』を『バーフバリ』監督最新作、UFOホラー、「下ネタ炸裂ながら泣ける映画」が猛追!2022年「BEST CINEMA」TOP5発表

note

1位:『トップガン マーヴェリック』――納得の第1位!トム自身の映画人生も反映された一作

1位:『トップガン マーヴェリック』(公式HPより)

 第1位の栄冠に輝いたのは、当然と言うべきか『トップガン マーヴェリック』。トムも思わずガッツポーズだ!

「パッと反射的に考えたのは『トップガン マーヴェリック』をどこに置くか? ということでした」(森直人)とのコメントがあるほど、ランキングに入れて当然と考えた人が多かった模様。

「『トム・クルーズという奇蹟』を堪能。最高にカッコいいスターが最強のヒーローを演じる、娯楽映画の王道」(春日太一)

ADVERTISEMENT

 そう評されるのも納得の一作。

 前作が公開されたのは実に36年前。その年月を、「かつて花形だったが、ドローンの台頭で時代遅れになりつつある戦闘機パイロット」という劇中の役柄と、「CGを駆使したアクション映画が台頭する時代、生身のアクションに愚直に取り組む現実のトム自身」に重ねた脚本が見事。「でも、今日じゃない」(But not today)のセリフに目頭が熱くなった人も多いはず。

 そしてもう1つ、特にアメリカではコロナ禍で多くの映画館が休館し、配信サービスの普及もあって「もはや映画館に人は来ないのでは?」と思われていた。そこへ、「人はなぜわざわざ家を出て映画館に行くのかを思い出させてくれた」(猿渡由紀)という、映画文化への貢献の大きさも特筆すべきだろう。

◆◆◆

 12月13日に発売になった「週刊文春CINEMA!」では、今回紹介した5本以外にも約50本の注目作品も登場する「BEST CINEMA 2022 ランキング」が全文公開されています。

週刊文春CINEMA! 2022冬号 (文春ムック)

週刊文春

文藝春秋

2022年12月13日 発売

『トップガン マーヴェリック』を『バーフバリ』監督最新作、UFOホラー、「下ネタ炸裂ながら泣ける映画」が猛追!2022年「BEST CINEMA」TOP5発表

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春出版部をフォロー