文春オンライン

介護ベッドに火を放ち、寝たきりの夫と息子を殺害 「あんたが全部悪いのよ」裁判で見えた妻の“浪費”と夫の“浮気”

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

去年11月、放火と殺人の疑いで逮捕された、大橋とし子被告(66)。

自宅の1階に灯油をまいて放火し、それぞれ寝たきりだった夫と息子を殺害したとして、起訴されていた。

22日に千葉地裁が言い渡した判決は、懲役20年。

大橋被告はなぜ、犯行に及んだのか。

30年以上にわたり息子を介護、ついに夫も病に倒れ…

平松秀敏解説委員:
驚きの真相が法廷で明らかになったのが、去年11月、千葉県旭市で起きた放火殺人事件です。

 

大橋とし子被告(66)は、自宅で寝たきりの夫・芳男さん(当時67)の介護ベッドに火をつけて殺害。同じく寝たきりの息子・芳人さん(当時32)も、一酸化炭素中毒死させたとして、夫と息子の2人を殺害した罪に問われています。

息子の芳人さんは、生まれつきの脳性まひで、30年以上にわたって大橋被告が1人で介護を担ってきました。

そうした中、自分の母親の介護もするようになります。

息子と母親、2人を介護する負担がたたったのか、2015年ごろ、大橋被告自身が脳梗塞で倒れ、右半身の自由が効かなくなりました。

 

懸命なリハビリで回復したそうですが、去年3月、今度は夫の芳男さんが脳梗塞で倒れて、介護が必要になったのです。

家族の介護と自身の闘病…想像を絶するほど、重い負担だったのではないでしょうか。

介護の“息抜き”にタクシーで買い物へ 貯金がみるみる減っていき…

こうして振り返ると、介護疲れによる殺人事件のように思えますが、実はそうではありませんでした。

 

「介護をつらいと思ったことは1度もありません」

大橋被告は法廷で、こう発言しているんです。

榎並大二郎キャスター:
だとしたら、何が犯行の動機だったんでしょうか?

平松秀敏解説委員:
事件の背景ですが、ひとつは「本人の浪費」

夫の芳男さんは大工をしていたのですが、脳梗塞になったことで収入が絶たれ、経済的に困窮することになります。

 

大橋被告は、介護の“息抜き”にショッピングに行くのを楽しみにしていました。毎日のようにタクシーで買い物に出かけて、だいたい1日に1万円ぐらい使っていたそうです。