文春オンライン

不倫、衝撃のヌードを経て…島田陽子“57歳でAVデビュー”驚きのギャラ

note

内田は妻・樹木希林に無断で離婚届を提出したが…

「島田は『今まで知っていた世界にいないタイプ』とベタ惚れ。2億5000万円で買った横浜の豪邸で同棲し、内田が都知事選に出馬した際の選挙資金まで用立てるなど献身的に尽くした。内田は島田と結婚しようと別居中の妻・樹木希林に無断で離婚届を提出したが、樹木が離婚無効の裁判を起こして万事休す。4年の関係に終止符を打った」(同前)

内田とは破局後も友人関係が続いた

 島田が受けたダメージは大きく、仕事は激減。だが、身についた浪費癖は収まらず、当時の借金額は3億円とも5億円とも報じられた。

衝撃のヘアヌード写真集が55万部のベストセラーに

 そして92年、ヘアヌード写真集「Kir Royal」を刊行。世間に衝撃を与えた。

ADVERTISEMENT

「フランスの城を借り切って撮影した芸術的な作品で、55万部のベストセラーに。5000万円ほどのギャラを得ました」(出版関係者)

「KirRoyal」ほかヘアヌード写真集は計3冊発売

 96年には妻子がいたテレビの照明マンと結婚。

「本人は落ち着いた主婦というイメージを狙ったようだが、“略奪婚”と騒がれてしまった。夫婦の生活実態は謎のまま、19年に離婚している」(芸能デスク)

 その間、11年には57歳でAVデビュー。往年のファンを再び驚かせた。