文春オンライン

旧統一教会問題も「なかったこと」に…? 「安倍派」後継争いの有力者・萩生田光一の“ずるい振る舞い”

2023/01/17

 2016年に大ヒットした映画「シン・ゴジラ」。主役を務めたのは「官房副長官」役の長谷川博己だった。あの映画の衝撃の一つは、映画館を出たら現実の官房副長官は萩生田光一氏だったことである。あれから7年、萩生田先生がまた目が離せない存在となってきた。自民党では政調会長を務め、安倍派の後継争いの有力者としても紙面で見かける。

 たとえば田崎史郎氏(政治ジャーナリスト)のコラム(四国新聞1月8日)。「岸田の伴走者は誰か」という内容で、見出しに『軍師・萩生田 信頼厚く』とある。

©文藝春秋

なぜ「信頼」が厚いのか?

 自民党情報に強いというか自民党広報みたいな田崎氏が萩生田氏を絶賛しているのが興味深い。

 なぜ萩生田氏は「信頼」が厚いのか? 田崎氏曰く、永田町の流れを読むセンスが優れ、かつ、こうと思ったことを正面切って直言することをいとわないことから、菅義偉氏や岸田氏らに好かれているという。

 そんな萩生田氏は衆院解散時期について「今年秋もあり得る」と語ったとかで「衆院解散は早いかもしれない」とコラムは結ばれている。田崎史郎氏、嬉しそう。

公明党から刺された「クギ」

 萩生田氏と言えば昨年末のテレビ番組で、増税前に衆院選で国民に信を問う必要があると発言。これには公明党の山口那津男代表が「衆議院の解散は岸田総理大臣が決めることで、専権事項だ。権限のない人が、こういう理由で解散しろとか、ああいう理由だから解散するなといった発言は控えるべきだ」と述べ、クギを刺した(NHK政治マガジン1月11日)。

 自民党のやることには見て見ぬふりする公明代表が言うのだからよほどの越権行為に見えたのだろう。そういえば「萩生田」と「公明党」といえば昨年11月にこんなツッコミもあった。