文春オンライン
90年代の雅子さまは美しく輝いていた ファッションから“皇太子妃時代のメッセージ”を紐解く〈婚約会見から30年〉

90年代の雅子さまは美しく輝いていた ファッションから“皇太子妃時代のメッセージ”を紐解く〈婚約会見から30年〉

2023/01/19

genre : ニュース, 社会

アイボリーのローブ・モンタントには秘話が

 平成25(2013)年4月30日、皇太子ご夫妻がオランダ新国王の即位式に臨席された際は、淡いアイボリーのローブ・モンタントをお召しになっていたのだが、新調されたものではなく、10年以上前のオートクチュールだったという。

2006年8月18日、オランダご滞在中のご一家 ©共同通信社
2013年4月30日、オランダ国王即位式に臨席された ©AFP=時事

ADVERTISEMENT

〈このローブ・モンタントは、かねてから雅子妃殿下と交流のある伊藤和枝デザイナーの母親である、故伊藤すま子がデザインした10年以上も前のオートクチュール作品だった。雅子妃殿下の同国訪問が急遽決まり、新たに仕立てる時間がなかったようだ。伊藤和枝デザイナーは「大変光栄です。雅子さまは服を大切にする方ですので、ローブ・モンタントの状態も良かったです」と話している。〉(WWD JAPAN、2013年5月10日)