文春オンライン

〈長年の疑問〉美容室行く前にシャンプーした方がいい? 美容師が“完全回答”

2023/02/18

美容師は「乾かす」時間を縮められない

 シャンプーは時間がかかる工程の一つです。美容師はお客様を待たせないために、常に時間配分を計算しながら施術しています。そのため美容室では「シャンプーをしない」「切って落ちた髪はすぐには掃かず、ドライヤーで飛ばすだけ」にするなど、効率よく運営するための簡略化をしているのです。

 また、シャンプーをする際には、ある工程が必ず追加されます。それは「ドライヤーで乾かす」工程です。

 業界では「ドライ」と呼びますが、濡れた髪が乾くまでは10~15分ほどかかります。ロングヘアであれば、その時間はさらに長くなります。

ADVERTISEMENT

 美容室のドライヤーは風力も強く、美容師も速く乾かすテクニックを駆使しています。しかし、美容師にとってドライの時間を短縮するのには限界があるため、「ドライをする回数は、なるべく減らしたい」「カットやカラーの時間に配分を割きたい」という心理が働きます。

©AFLO

美容師がよく出会う「トラブル」

 美容室には様々なお客様がいらっしゃいます。そこで、美容師がときどき出会う、髪や頭皮のトラブルを紹介します。

▼頭皮が脂っぽく、酸化した油の臭いのする方

 食生活やタバコなど、不摂生が頭皮に出ている方は少なくありません。皮脂が過剰に分泌されている傾向があり、油ぎった臭いや、酸化した油の臭いがすることもままあります。

 脂汚れや臭いは、一回のシャンプーで洗うだけでは取りきれなくなっていることも多く、頭皮用のクレンジングなどを駆使しないと、中々改善されません。

▼フケ症の方、炎症を起こしている方

 頭が痒くて炎症を起こしている方や、頭皮からフケが出てしまう方はとても多いです。フケの原因は大きく2パターンあり、「乾燥肌であること」と「皮脂が多く出ていること」です。

「使っているシャンプーが合っていない」などの原因も考えられますが、フケや炎症は外的要因よりも体質が原因になっていることが多いです。そのため、美容師側では原因を特定しにくいのも特徴です。

 痒みが悪化して炎症を起こすと、薬剤が染みやすくなったり、掻きすぎた部分の毛が抜けてしまっていることもあるので、ひどい場合は皮膚科で治療することをオススメします。