文春オンライン

「眞子さんも喜んでくれています」小室圭さんが弁護士として活動開始 秋篠宮さまと佳子さまの“意外な反応”

2023/03/09

genre : ニュース, 社会

 秋篠宮家の長女・眞子さん(31)と結婚した小室圭さん(31)が、NY州の弁護士事務所で弁護士として活動を始めた。勤務先のローウェンスタイン・サンドラーのHPでは、「ロークラーク」(法務助手)だった小室さんの肩書きが「アソシエイト」に変更された。

「眞子さんも喜んでくれています」

 日本での勤務先だった奥野総合法律事務所の所長・奧野善彦氏に、小室さんは電話で、「きのう、正式に弁護士として出発することになりました。まず先生に感謝の気持ちをお伝えしたいと思いました。眞子さんも喜んでくれています。ニューヨークは物価が高くて大変ですが、2人で幸せに、しっかりやっていきたいと思います」(NHK NEWS WEB、3月1日)と報告したという。

2017年9月、婚約内定の記者会見 ©時事通信社

 秋篠宮さまが「皇室としては類例を見ない結婚」とコメントを出された眞子さんの結婚に際して、納采の儀や朝見の儀は行われず、一時金も辞退。ついにスタートしたアメリカでの新生活で小室夫妻を待っていた現実は甘くなかった。2度にわたるNY州の司法試験の不合格。ようやく、昨年10月21日に合格発表があった3度目の試験で合格したが、経済的な基盤は1年経っても整わなかった。

ADVERTISEMENT

2021年10月26日に婚姻届を提出し、記者会見に臨む小室眞子さんと小室圭さん ©JMPA

 秋篠宮さまは昨年の誕生日会見で、結婚から1年が経過した眞子さんの近況について「これは本人が近況などについての自分のことについては話をするのは控えてほしいということを申しているようですので、私もここではお話を控えることにいたします」と述べられたが、小室さんの合格が分かった時期にある変化を見せられたという。

関連記事