文春オンライン

〈ママ友に懲役15年の高裁判決〉福岡5歳児餓死 洗脳された母は拘置所で「息子が夢に出る」

「ママ友のボス」をでっち上げ…

 赤堀は「暴力団と繋がりのあるママ友のボス」をでっち上げ、「監視カメラで見張っている」と、碇に心理的な圧力をかけ続けた。

「さらに『電話も盗聴されている』と怯えさせ、恐怖で身動きを取れなくさせていたのです」(同前)

 赤堀は「実家と連絡を取らない」、「子供に笑いかけてはいけない」などと理不尽なルールを決め、完全に碇を支配下に置いた。

ADVERTISEMENT

 足かけ5年。気づけば碇は、赤堀に生活保護費などの収入を搾取され、子供3人の生殺与奪権を握られた状態になっていたのだ。

現場となったマンション

 兄弟のうち碇と一番似ていたのが、末っ子の翔士郎ちゃんだったという。兄たちと同じく、この4月から小学生になるはずだった。

 洗脳が解け、勾留中の碇は、接見した関係者にこう吐露しているという。

「夜、翔ちゃんが生き返る夢を見て、泣きながら目が覚めるんです。そのまま朝まで眠れなくなります」

〈ママ友に懲役15年の高裁判決〉福岡5歳児餓死 洗脳された母は拘置所で「息子が夢に出る」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー