文春オンライン

「人によって“それ”ができるかできないかは個人差がある」WBC優勝メンバーが指摘する、侍ジャパンにとっての“最大の障壁”

2023/03/18

「アメリカでの準決勝と決勝は、完全にアウェーになります。そこでいかに平常心で、いつも通りのプレーができるのか。間違いなくそこが勝負になると思います」

 2006年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の優勝メンバーであるプロ野球評論家の薮田安彦氏は警戒心を込めてそう語った。

当たりが戻ってきた村上宗隆

 3大会ぶりの優勝を目指す侍ジャパン。舞台は、大観衆が背中を押してくれた東京ドームからフロリダはマイアミにあるローンデポ・パークに移る。環境の変化にいかに対応するかが侍ジャパンにとって重要となるが、その前に薮田氏は、準々決勝のイタリア戦を振り返り次のように解説する。

「大谷翔平選手はかなり気合が入っていましたね。スプリットを上手く使いながら、しっかりと抑えていた印象です。一球一球、気持ちを入れて、先制点を与えないようにピッチングをしていました」

投打で活躍した大谷翔平選手 ©佐貫直哉/文藝春秋

 大谷は2失点するも5回途中まで投げ切り、その後、伊藤大海、今永昇太、ダルビッシュ有、大勢が継投し、いい流れを作った。

「僕が注目していたのはダルビッシュ投手なのですが、前回(韓国戦)とは違い、カットボールを使い、きちんと修正できていたように感じました。ただ、まだ実戦が少ないのか本来の力を出し切れていない。WBCで2試合投げたことで状態は上がっていると思うので、球数を考えても次の試合に行けるはず。栗山英樹監督次第ですが、おそらく本人は準決勝以降も投げる覚悟はあるでしょうから、次行くときはさらにいいピッチングを見せてくれると思います」

韓国戦では思うような活躍が見せられなかったダルビッシュ有だが調子は上向いてきている ©佐貫直哉/文藝春秋

 また不振だった村上宗隆に当たりが戻ってきたのも日本にとっては好材料だという。

「本人も修正できてきたとコメントを出していましたし、イタリア戦でタイムリーを含むマルチヒットを打てたことで気持ち的にも楽になったと思います。ミスショットも少なくなり、反対方向に強い打球が打てていたので、次戦でも期待していいと思いますね」