文春オンライン

genre : ニュース, 社会

大学に来なくなり、パパ活で高級ブランドバッグをゲット

「SNSで旅行や遊びに行っているのはよく見るのに、大学には来なくなりました。たまに来たかと思えば『◯◯くん家から来た』と男の家から通学していた時が何回かありましたね。服装はファストファッションでしたが、カバンだけは毎回違うものを持っていました」

SHOWROOMに出演した熊井容疑者

 そのカバンは、グッチやルイ・ヴィトンなどのいわゆる“高級ブランドバッグ”だったといい、富裕層が多い美大生から見ても熊井容疑者の“金回り”の良さは目立っていた。興味本位で「モデル活動ってやっぱり儲かるの?」と知人女性が聞くと意外な答えが返って来たという。

「SHOWROOMの投げ銭システムでいつも多く払ってくれる人とSNSで個人的にやりとりして、ご飯を食べたりカラオケに行ったりしてたそうです。その人がお金をくれたり、カバンをくれたと言っていました。ガールズバーみたいなものと言ってましたが、要はパパ活ですよね」

熊井容疑者

 その後も、熊井容疑者は授業には出ず、単位が取れなくなり留年が確定。大学3年生の時期に中退している。モデルで売れることを夢見ていた熊井容疑者だが、2021年頃にはSNSのアカウントが消えていたといい、知人女性がLINEで連絡しようとすると熊井容疑者とのトーク画面は「メンバーがいません」になっていたーー。

カメラが趣味だった熊井容疑者

藤田容疑者は和太鼓部に所属し、愛称は“ちび”

 一方、母子家庭で育った藤田容疑者は父親の違う姉と妹と共に暮らしていた。千代田区の小学校を経て、品川区の中学校を卒業。世田谷区の高校では和太鼓部に所属し、部長を務めた。

藤田容疑者

 真面目で文武両道だったという藤田容疑者は“ちび”の愛称で親しまれ、後輩や他校の生徒からも人気の“モテ男”だったといい、「当時から、みんなのまとめ役だった」と高校の同級生は話す。

関連記事