文春オンライン

「計15回はあった」初めての実名・顔出し告発 元ジャニーズJr.岡本カウアン氏が語るジャニー喜多川氏性加害

note

パンツを脱がされ「覚悟した」

 行為は足のマッサージから始まる。浴衣はすぐにはだけさせられ、ジャニー氏の手が直接身体に触れる。しばらくすると、手は上に伸びてきた。

「マジだ、と。最初はマッサージだけかなとも思いました。でもパンツの上から触られて、脱がされちゃって……。パンツ脱がされるともう覚悟しますね。手で触られて、それから……」

 性的な行為が終わり、その後、ジャニー氏とは、何事もなかったかのように「おはよう」と挨拶を交わした岡本氏。「ユー、仕事どこ? じゃあ、一緒に出ようか」と言われ、2人でエレベーターで降りるときに、小さく折りたたまれた1万円札を渡されたという。

ADVERTISEMENT

沈黙を続ける藤島ジュリー景子社長

 そして岡本氏がジャニー氏による性被害を受けたのはこの1回だけではなく、「計15~20回はあった」という。

 また「自分を守れるように、ジャニーさんにされた時の動画を後で撮って残してあります」とも語る。

 ジャニーズ事務所に、岡本氏の被害を把握しているか訊ねたが、締め切りまでに回答は無かった。

 これまで告発が相次いできたジャニー氏による少年たちへの性加害。ジャニーズ事務所は一切の事実確認に応じず、沈黙を貫いているが、今回の告白は、実名、顔出しでの証言だけに、今後も元ジュニアの声を“無視”し続けることができるのだろうか。コンプライアンスの徹底を唱えてきたジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長、そして日本のメディアの姿勢も問われている。

 このほか4月5日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」及び4月6日(木)発売の「週刊文春」では、岡本氏が語る自らの生い立ち、水槽やジャグジーもあったジャニー氏の自宅マンションの様子、大阪のホテルでされたこと、岡本氏が退所を決意した理由などについて詳報している。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

「計15回はあった」初めての実名・顔出し告発 元ジャニーズJr.岡本カウアン氏が語るジャニー喜多川氏性加害

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録