文春オンライン

「計15回はあった」初めての実名・顔出し告発 元ジャニーズJr.岡本カウアン氏が語るジャニー喜多川氏性加害

週刊文春」が過去4週にわたって報じてきた、ジャニーズ事務所創業者の故・ジャニー喜多川氏によるジャニーズJr.への性加害問題。計6人が被害を語ってきたが、今回、元ジュニアの岡本カウアン氏(26)が初めて実名・顔出しで取材に応じた。

 2012年から2016年までジャニーズJr.として活動した岡本氏。ジュニア時代は、『Myojo』(集英社)の表紙を飾ったこともある。ドラマ『GTO』(2014年、フジ系)や、トーク番組『Rの法則』(NHK Eテレ)にレギュラー出演するなど、200人近いジュニアの中でも、特に活躍した1人だった。

ジャニー氏の被害者は何人いるのか…

 彼がジャニーズに入ったのは、名古屋のモデル事務所に登録していた15歳の頃のこと。

ADVERTISEMENT

 マネージャー同士が知り合いだった縁で、ジャニーズ所属だった岡本健一に、ジャスティン・ビーバーの「Baby」を歌う自分の姿を収めたDVDと、音楽をやりたい思いを綴った手紙を送った。

 すると2012年2月12日、寝坊した日曜日の朝に携帯電話が鳴った。相手はジャニー氏。東京国際フォーラムで始まるSexy Zoneのコンサートに来いというのだった。慌てて新幹線に飛び乗った岡本氏は、ジャニー氏の電話の5時間後、5千人の観客の前で「Baby」をアカペラで歌っていた。その夜はジャニー氏の渋谷の自宅マンションに泊まることになった。ただ、この日は何もなかった。