文春オンライン
日本政府が「補助金2600億円」注入へ…半導体の新会社「ラピダス」の試みが“どう考えても不可能”だと思うワケ

日本政府が「補助金2600億円」注入へ…半導体の新会社「ラピダス」の試みが“どう考えても不可能”だと思うワケ

『半導体有事』 #2

2023/05/15

source : 文春新書

genre : ライフ, テクノロジー, 企業, 働き方

 世界中で、半導体の製造能力をめぐる激烈な競争が起きている。そんな動乱のさなか、トヨタ自動車、ソフトバンクなど8社が出資する半導体の新会社「ラピダス」が生まれた。

 ここでは、ジャーナリスト・湯之上隆氏による『半導体有事』(文春新書)より一部抜粋して紹介する。日本政府が2600億円の補助金注入を発表した企業を「ミッション・インポッシブル」と評する理由は?(全2回の2回目/最初から読む

◆◆◆

ADVERTISEMENT

 2021年のコロナ特需は終わりを迎え、半導体業界は不況に突入し始めた……と思っていたら、そんな不況を吹っ飛ばすビッグニュースが2022年11月10日に日本列島を駆け巡った。

 同日夜7時のNHKニュースが、トヨタ自動車、デンソー、ソニーグループ、NTT、NEC、ソフトバンク、キオクシア、三菱UFJ銀行の8社が出資する半導体の新会社「ラピダス」が設立され、5年後の2027年までに2nmの先端ロジック半導体を量産すると報じたのだ。

 筆者はこのニュースにのけぞり、これはもはや暴挙を通り越して笑うしかないと思った。どう考えても“ミッション・インポッシブル”だからだ。

「不可能」だと考えるわけ

※写真はイメージです ©iStock.com

 筆者が“ミッション・インポッシブル”と考える根拠を具体的に示したい。それは大きく言って、次の4点になる。

(1)誰が2nmのデバイス設計を行い、誰が2nmのプロセス開発を行うのか? 誰が2nmを量産するのか?

(2)EUVを手に入れて、使いこなせるのか? HighNAをどうするのか?

(3)先端半導体メーカーであるTSMC、サムスン、インテルが苦戦している最先端の半導体を、9世代もジャンプして生産できると思っているのか?

(4)なぜ日本が2nmを生産しなくてはならないのか? ラピダスはファウンドリーとは何かを分かっているのか?

 ラピダスは米IBMおよび欧州のコンソーシアムimecと技術提携することになった。しかし、それでも上記の問題は解決しない。