文春オンライン
〈証拠文書入手〉茨城県 民間人採用の次期校長が“偽造離婚届”を提出していた 家裁は無効と認定

〈証拠文書入手〉茨城県 民間人採用の次期校長が“偽造離婚届”を提出していた 家裁は無効と認定

note

 茨城県立つくばサイエンス高等学校(茨城県つくば市)の民間人校長として採用された遊佐精一氏(52)が、妻の同意が無いまま知人に署名させるなどした離婚届を提出し、家庭裁判所が届け出は無効と審判していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。偽造有印私文書行使罪などに当たる可能性がある。

県肝煎りで開校した有力新設校の校長に昇任予定

 茨城県は2019年から、過去の事例にとらわれない新しい時代の学校マネジメントができる校長を求め、教員免許・経験不問の民間人校長の採用を続けてきた。今年度も3月28日に3人の採用者を発表。試験は狭き門で、受験者数1645人に対し、合格者数は4人(1人辞退)だった。

 その一人が、つくばサイエンス高校の校長に就任予定の遊佐氏だ。

ADVERTISEMENT

「つくばサイエンス高校は、県肝煎りで今年4月に開校したばかりの有力新設校。将来の研究者や技術者育成を掲げ、実践的なカリキュラムが組まれているのが特徴です。遊佐氏は1年間、副校長として経験を積んだ後、来年4月に校長に昇任する。遊佐氏の校長就任は、朝日新聞デジタルでも顔写真付きで報じられるなど、注目を集めました」(県関係者)

茨城県が遊佐氏の校長就任を発表(県HPより)

 東京大学大学院修了後、米フォックスチェイス癌研究所などで研究員を務めてきた遊佐氏。2018年9月にはバイオベンチャー企業「テラ」の代表取締役社長に就任した。

「テラは東証スタンダード市場に上場していましたが、2021年3月6日までに、コロナ治療薬の開発に関する情報開示を巡り、証券取引等監視委員会の強制調査(金融商品取引法違反の疑い)を受けました。遊佐氏は社長を退任していたものの、当時、取締役の一人だった。その後、取締役を退任し、テラも経営破綻しました」(社会部記者)

 その遊佐氏には、1990年代後半に結婚したA子さんという妻がいた。長年、家庭円満に暮らしていたというが、昨年1月3日、遊佐氏はA子さんに突如、離婚の意思を通告。彼女がこれを拒否すると、1月7日、妻の同意のないままに、離婚届を区役所に提出したのだ。区役所から届け出の受理を通知され、言葉を失ったA子さんは弁護士と相談のうえ、東京家庭裁判所に離婚の無効を申し立てた。