文春オンライン

バーベキューの火で18歳生徒死亡 教師が炭に“消毒用アルコール”追加 「熱中症を防ぐため短時間で焼こうと」

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

バーベキューの火が服に燃え移り、18歳男子生徒が死亡した。火を強めるために使われたのは「消毒用アルコール」。
イット!は、その危険性を検証した。

バーベキューの火で生徒が死亡

夏を前に、バーベキュー気分が盛り上がる季節。ただし、火の扱いには十分な注意が必要だ。

 

福岡県柳川市のハリウッドワールド美容専門学校で、18歳の男性生徒が死亡する事故が発生。
原因はバーベキューの火が服に燃え移ったことによるものだった。

ADVERTISEMENT

 

学校の敷地内にあるこの場所では、毎年、先生と生徒の交流を深めるバーベキューが行われていた。

 

コロナ禍前の2019年に学校で開かれたバーベキューの映像。多くの生徒がコンロの周りを囲んでいることがわかる。

 

学校は5月24日、伝統行事としてきたバーベキューを開催。学校側によると、約500人が参加し、会場には12台のコンロを設置したという。

 

事故の引き金となったのは、コロナ禍で必需品となった手の消毒用アルコールと、教師による危険な行動だった。

教師が炭に消毒アルコールをかけ燃え移る

学校側は、火がつきやすくするため、あらかじめ炭に消毒用アルコールをかけていた。

 

やがて、コンロのうち1台の火が消えそうになったことから、教師が炭に消毒用アルコールを追加。

 

すると、ボンっという音を立てて青い火が燃え広がり、18歳から20才までの男子生徒4人の衣服などに燃え移ったという。

 

福島県の郡山地方広域消防組合が公開した検証映像。
火がついたろうそくに消毒液をかけると…、

 

大きな音を立てて、赤と青の炎が燃え広がった。

 

火傷を負った4人のうち、18歳の男子生徒が入院、6日になり容体が急変し死亡した。
警察は、業務上過失致傷の疑いで捜査。

学園長は、バーベキューに消毒用アルコールを使用した理由をこう説明した。

 

古賀 郁学園長:
熱中症などを防ぐため、短時間で焼こうとした。アルコールを使ったのは、今回が初めてだった。

関連記事