昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《京王線無差別刺傷》「コスプレじゃなくて私服だ」“ジョーカースーツ”加害者が語った真実 緊迫の車内では「『ボン』と爆発音が…」

genre : ニュース, 社会

 10月31日ハロウィーンの夜、新型コロナウイルスの蔓延で我慢を強いられていた弾みから、多くの泥酔した若者が集まり、いつも以上にカオスと化した渋谷。衆院選の投開票日にも重なり、岸田内閣で幹事長に就任した自民党の甘利明氏が敗れるなど、時代の変わり目を予感させる開票結果を多くの国民がテレビを見て過ごしていた――。

「キャー!」

「降りれる降りれる」

「落ち着いて」

 突如、ツイッターにアップされた京王線の電車内の動画に、多くの人が驚愕した。

車内で逃げ惑う乗客に悲鳴、怒号…

 炎が燃え盛る車両から走って逃げる乗客ら。怒号と悲鳴が飛び交う中、床には靴などが散乱している。

乗客が逃げ惑う車内 提供:木村さん(@siz33)
乗客が逃げ惑う車内 提供:木村さん(@siz33)

 衆院選の開票作業が全国各地で始まる直前の午後7時55分ごろ、東京都調布市の京王線布田―国領駅間を走行中の新宿行きの上り特急電車(10両編成)で、まるでハロウィーンの仮装のような服装の男が突然刃物を振り回したのだ。

 この電車に乗っていた山梨県上野原市の木村俊介さん(32)が車内の状況を振り返る。

「渋谷に行こうと思って電車に乗っていました。ちょうど真ん中あたりの車両でした。椅子には空きがあって、立っている人はいませんでした。19時57分ごろですかね、最初は5、6人の人が後方車両から走ってきた。ハロウィーンで騒いでいるのかな、と思ったら『マズいぞ』『前にいけ』と。消火器がどうのこうのと言っている人もいました。するとガスボンベが爆発したような大きな『ボン』という音が聞こえて、炎と煙が連結部から見えたので、前方車両に逃げました」