文春オンライン
「ジャニーさんが合鍵を?」元Jr.二本樹顕理さんを襲った卑劣な“フェイクニュース”

「ジャニーさんが合鍵を?」元Jr.二本樹顕理さんを襲った卑劣な“フェイクニュース”

「ルポ男児の性被害」連載

2023/06/19

source : 文藝春秋 電子版オリジナル

genre : ニュース, 社会, 芸能

ジャニーズ事務所が設置した専門家による特別チーム。座長は元検事総長の林真琴弁護士だ。6月12日、林氏は記者会見を開き、こう語った。「非常に深刻な問題だと感じている。被害を申告している方々に寄り添い、厳正に検証して、事務所に再発防止策の実行を求めていきたい」。13歳のジャニーズJr.時代に被害を受けた二本樹顕理さん(39)は、5月より繰り返し、「文藝春秋 電子版」などで被害を訴えてきた。だが、いまだジャニーズ事務所からは何の音沙汰もない。一方、永田町ではこの問題が取り沙汰され始めた――。

◆◆◆

ジュリー社長からの連絡はなかった

 二本樹顕理の元には、現在に至るまでジャニーズ事務所からの接触はない。

 彼は今年3月にBBCがジャニー喜多川の性加害を報じて以降、3人目の実名告発者だ。

ADVERTISEMENT

 先に実名告発した歌手のカウアン・オカモトと、ダンサー・俳優の橋田康には、藤島ジュリー景子社長からアプローチがあり、対面での謝罪を受けたと報じられている。

 二本樹は苦笑する。

「私が大阪在住だからというのもあるかもしれないですけど……。私は一般人であり、まったくSNSやYouTubeなどで発信していません。だから事務所からするとあまり影響力がないというか、脅威とみなしていないのかもしれないですね」

 二本樹の実名告発記事が出た翌日の5月14日、ジュリー社長が、謝罪する動画と文書を発表した。二本樹は16日にはそれに対してコメントする記事(「ジャニーズは第三者委員会の設置を」)を出し、そのなかで「連絡していただけるなら応じたいとは思っています」と表明しているが、連絡はなかった。

 結果、この1か月のジャニーズ事務所の動向を、二本樹はテレビやインターネットなどを介して目にすることとなった。

二本樹さん ©文藝春秋

所属タレントの姿を見るたび複雑な心境に

 ジュリーに続いて口を開いたのは、所属タレントとして最年長の東山紀之だった。

 同月21日、自身がキャスターを務めるニュース情報番組「サンデーLIVE‼」(テレビ朝日)で、「心を痛めたすべての方々、本当に申し訳ありませんでした」などと語った。事務所は放送前、関係先へ東山がコメントする可能性を予告していた。篠塚浩・テレビ朝日社長は同月末の定例会見で、「東山さんにコメントしていただくのが自然だと考え、我々の方から持ちかけた。基本的にはあうんの呼吸ですけどね」と説明したと報じられている。

 二本樹はこの経緯に違和感を覚えた。

「私がJr.のオーディションを受ける時に呼ばれたのは、テレビ朝日の六本木の会議室でした。レッスン会場もありました。率直に言うと、ジャニーズ事務所とテレビ局の間で癒着があり、報道まで影響が及んでいるのではないかと疑ってしまいました」

 東山に続き、他の情報番組に出演している所属タレントたちもテレビでコメントした。それらを見るたび、二本樹は複雑な心境になった。

「彼らにはすごく同情しています。コメントしなくても叩かれるし、しても叩かれるので。ただ事務所の姿勢としては、間違っていると感じます。社長であるジュリー氏が責務を負うことであり、現役の所属タレントを使うんじゃなく、自分で対応するべきだと思います。まして彼らは、被害者である可能性も含んでいる人たちです。事務所に代わってコメントをさせるというのは酷ですよね」

 二本樹は自身の記事だけでなく、ジャニーズ事務所の動向についても、世間の反応を意識してきた。過去には、ジャニー喜多川の性加害に関する数々の告発本が出版されながら、大手メディアが報じなかったことで、いつのまにか忘れられていった。だがこの1か月、インターネットニュースやそのコメント欄を日々チェックするうち、今や多くの人が重大な社会問題として捉えていることを実感したという。

関連記事