文春オンライン
「痛い、ごめんなさい」「うるさいから黙れ!」“横浜18歳女子大生刺殺”逮捕のパチンコ狂い“22歳ヒモ男”が繰り返した執拗なDVと暴言と「1週間前にようやく別れたのに…」

「痛い、ごめんなさい」「うるさいから黙れ!」“横浜18歳女子大生刺殺”逮捕のパチンコ狂い“22歳ヒモ男”が繰り返した執拗なDVと暴言と「1週間前にようやく別れたのに…」

genre : ニュース, 社会

「ずっと“別れたい”と話していましたが、『別れたら殺す』というようなことを言われていて、なかなか別れられませんでした。最終的には親も通して縁を切ったはずだったのですが……」

 6月29日午前10時15分ごろ、神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台のマンション敷地内にある駐車場で、このマンションに住む大学1年生の冨永紗菜さん(18)が刺され、その後死亡した事件。冨永さんの大学の友人はこう語り、彼女の死を悔やんだ。

 悪縁を断ち切り、新たなスタートを切るはずだった若い命はなぜ奪われてしまったのか――。

ADVERTISEMENT

 ◆◆◆

 社会部記者が解説する。

冨永さんが刺された事件現場のマンション ©文藝春秋

喧嘩と仲直りを繰り返し、警察が仲裁に入った事案が4件

「冨永さんの母親から『娘が血だらけで倒れている』との通報があり、その約10分後、神奈川県警鶴見署に刃物をもった伊藤龍稀(はるき)容疑者(22)が出頭しました。『彼女が家から出てきたところを刺してしまいました』などと供述したため、当局は伊藤容疑者を殺人の疑いで逮捕。冨永さんは警察が駆けつける前に家族の手で病院に運ばれたものの、同日午前11時22分に死亡が確認されています」

 2人は1週間前まで交際関係にあり、継続的に喧嘩と仲直りを繰り返していたという。

冨永さん(本人のTikTokより)

「神奈川県警によると、2021年10月~23年6月までの間に、冨永さんと伊藤容疑者が喧嘩になり、県警が仲裁に入った事案が4件あったといいます。まず、2021年10月に冨永さんの友人から110番通報があり、当局は伊藤容疑者を口頭注意し、双方の親に監護依頼をしています。

 2件目は2022年6月に冨永さん本人から通報がありました。伊藤容疑者が壁を蹴ったり、冨永さんの腕をつねったためのようです。伊藤容疑者は暴力を認め、別れる意思を示していたといいます」(同前)

 これで2人の関係には終止符が打たれたはずだったが……。

関連記事