文春オンライン

「なんでも吸収したい」レッドソックス吉田正尚が室伏広治に送った「直訴の手紙」

「逆境を見事に乗り越えた吉田選手の活躍に、僕もいまは完全なファン目線で、みなさんと同じように感動しています」

 そう破顔するのは、ハンマー投げ五輪金メダリストでスポーツ庁長官の室伏広治氏(48)だ。

 メジャー1年目にして首位打者争いを繰り広げ、ボストン・レッドソックスの主軸として目覚ましい活躍をみせる吉田正尚(30)。今年のWBCでは侍ジャパンの4番として大会歴代最多13打点をマークし、14年ぶり世界一の立役者となった。

ADVERTISEMENT

 そんな吉田が「先生のような存在」と慕うのが室伏氏だ。173cmの体をいっぱいに使った、代名詞ともいえる「フルスイング」は特に腰椎への負荷が大きい。プロ入り1年目から腰痛に悩まされ、度重なる故障で現役続行も危ぶまれた吉田が頼ったのが、室伏氏の指導だったのだ。

 今回、その室伏氏が「文藝春秋」のインタビューで、吉田との交流秘話と室伏流トレーニングの詳細を明かした。

インタビューに応じる室伏氏  Ⓒ文藝春秋(撮影=杉山秀樹)

便箋に手書きの文字がびっしり

「一通の手紙が届いたのは、2016年11月のことでした。オリックス球団の封筒を開けると、一枚の便箋に、手書きの文字がびっしり並んでいました。それが、吉田選手からの手紙でした」

 吉田は2年目のシーズン途中に腰椎椎間板症を発症。一時は一軍登録を抹消される。復帰しシーズンを終えるも、筋疲労性腰痛で秋季キャンプを離脱している。

WBC決勝トーナメントに向けてバットを振る吉田選手  Ⓒ文藝春秋(撮影=佐貫直哉)

「手紙を書いてくれたのはちょうどその頃です。インターネットで私のトレーニング動画を見つけ、知り合いを頼って手紙を託したそうです。子供のころ、『スポーツマンNo.1決定戦』というTBSの番組に出場していた私の姿を観て、親しみを持ってくれていたのも一因だったとか。

 手紙には、1年目から故障続きで力を出し切れずに悩んでいることが綴られていて、具体的に『トレーニング方法を一度見てもらいたい』『少しでも自分の野球に生かしたい』『なんでも吸収したい』という切実な気持ちが書かれていました。ぜひお会いしましょうと、ほとんど二つ返事でお答えしました」

関連記事