文春オンライン

ワンナイト相手からプロポーズ、元カノとは何度もキスを重ね…それでも赤楚衛二に「10年彼女がいない」設定がリアルなワケ

2023/09/13

「今もっともアラサー女子の心を掴んでいる男性」といえば、赤楚衛二ではないだろうか。

 単独ドラマ初主演を飾った『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系、2020年)は、『チェリまほ』の愛称で親しまれ、2022年に映画化もされるなど多大なる人気を誇った。さらには、朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK、2022年)では、福原遥演じる主人公の幼馴染の歌人を演じて、その存在感をお茶の間に知らしめた 。

 そしてこの夏、女性漫画誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中の同名漫画を原作としたドラマ『こっち向いてよ向井くん』(日本テレビ系)で主演を務め、 「10年彼女がいない」33歳の男性を演じている。

ADVERTISEMENT

『こっち向いてよ向井くん』公式SNSより

◆ ◆ ◆

赤楚が演じる「向井くん」は「10年彼女がいない」

 このキャスティングに、「え?」と思われた方も多いかもしれない。そんな、令和のアラサー女子にもっとも刺さる男性が「10年彼女がいない」なんてことがあるだろうか。さすがに設定に無理がないか。イケメンなのに、33歳で、彼女もいないし結婚もしていないなんて、リアルじゃない――ドラマを見ていない方は、そう戸惑ってしまうだろう。

 しかし、『こっち向いてよ向井くん』の面白さは、ここにある。赤楚の身体をもってしても「10年彼女がいない」設定に納得させられてしまう物語。それが、令和の恋愛ドラマ『こっち向いてよ向井くん』の魅力なのである。

アラサーの恋愛ってこんなに難しいものだっけ?

『こっち向いてよ向井くん』の主人公・向井悟は、33歳の会社員。20代は仕事を頑張ってきたが、最近友人の結婚や子育ての様子を見ていると、そろそろ彼女が欲しくなってきた。そこで、知り合った女性たちにアプローチをかけてみるも、なかなかうまくいかない。「え、アラサーの恋愛ってこんなに難しいものだっけ?」「結婚に向かう恋愛って、どうやって始めるんだっけ?」友人女性に恋愛相談をしつつ、向井はある日、10年前に付き合っていた元カノのことを思い出すのだった。 

向井くん(赤楚)と波瑠演じる向井くんの友人・坂井戸さん。向井くんに「女の子ってこういう時どう思うの?」と相談された坂井戸さんが「“女の子”なんて人格はない」と返すというシーンが反響を呼んだ(番組公式SNSより)

 向井くんと偶然知り合って恋愛の相談相手となる坂井戸洸希を演じる波瑠や、向井くんの妹・麻美役の藤原さくらなど、俳優の熱演が光る本ドラマだが、なによりすごいのが、赤楚演じる「向井くん」の「いるいる、こういう人!」と共感させる力だ。

関連記事