文春オンライン
〈木原副長官、留任説が一転交代へ〉「オレはエッチをガマンできない」木原誠二官房副長官は違法風俗の常連だった!

〈木原副長官、留任説が一転交代へ〉「オレはエッチをガマンできない」木原誠二官房副長官は違法風俗の常連だった!

 岸田文雄首相が9月13日に行う内閣改造で木原誠二官房副長官を交代させる方針を決めたと11日、「産経新聞」が報じた。

 木原氏を巡っては、「週刊文春」が今年7月以降、妻X子さんの元夫である安田種雄さん(享年28)の“怪死事件”について報じてきた。岸田首相は報道後も周囲に木原氏を留任させる方針を示していたが、ここに来て一転、交代させることを決意したと見られる。

 突然の官房副長官交代報道。「週刊文春」が報じてきた“木原事件”に関するスクープ速報を再公開する。(初出:週刊文春 8月17日・24日号 年齢・肩書きは掲載当時のまま)

ADVERTISEMENT

◆◆◆

 妻X子さんの元夫の“怪死事件”の再捜査をめぐり、捜査への関与が取り沙汰されている木原誠二官房副長官(53)。その木原氏が人妻専門デリヘルから風俗嬢を自宅に頻繁に呼び寄せ、違法な本番行為に及んでいたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

木原誠二官房副長官 ©時事通信社

複数のデリヘル嬢が「接客したことがある」と認める

 木原氏が利用していたのは、所沢に店を構える人妻専門デリヘル「W」。木原氏と「W」との接点が浮上したのは、X子さんも重要参考人として取り調べを受けた、元夫の不審死の再捜査の最中のことだった。2018年10月下旬にX子さんの取り調べが中止になった後、木原夫婦の行動確認を続けていた捜査員たちが、木原氏の自宅マンションに出入りする一台の不審車両に気付いたのだ。

「部屋に木原氏しかいないときに限って車が現れ、40、50代の女性を降ろしていく。一夜明けると、また別の女性が訪れることもあった。『これはおかしい』ということでナンバー照会をかけたのです」(捜査関係者)

 捜査員が所有者の関係先として判明した連絡先に電話をかけると、電話口の男性はこう告げた。

「うちはデリヘル業者なんですよ。これって取り締まりなんですか?」

関連記事