文春オンライン
《ルフィ再逮捕》「ルフィ」「範馬勇次郎」「三橋」全国連続強盗事件の犯人が使っていたコードネーム

《ルフィ再逮捕》「ルフィ」「範馬勇次郎」「三橋」全国連続強盗事件の犯人が使っていたコードネーム

京都の事件もSNSの闇バイトで知り合った人間による犯行

 転機は、京都での叩き(強盗)だった。事件は昨年5月2日、京都市内の貴金属店で起きた。店に押し入った男女2人組がロレックスなど高級腕時計41本を強奪して逃走。被害総額は約7000万円に及んだ。

京都の事件でも「ルフィ」が関わっていた

「Aは以前、『叩きをやったんですけど、大変でしたよ。ま、成功しましたけどね』と自慢げに言っていた」(X)

 京都の事件もSNSの闇バイトで知り合った人間による犯行。事件には解明されていない背景があり、捜査は今も継続されている。警察庁関係者が明かす。

ADVERTISEMENT

狛江の事件にも関わっていたとみられる永田陸人容疑者 ©共同通信社

Xは「3、4日後に、東京で叩きが起きますよ」と事件を予告

「実行犯のリーダー役だった男とテレグラムでやりとりしていた指示役が『ルフィ』。盗品の処分過程には同じ漫画のキャラの『サンジ』や『ゾロ』など、別の指示役も登場する」

 指示役の男のことだけではなく、事件の際の“コードネーム”まで知るXとは何者か。実はこの人物、狛江の事件が起きる3日前に「3、4日後に、東京で叩きが起きますよ」と小誌記者に予告をしていた人物だった――。

 このほか、1月25日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および1月26日(木)発売の「週刊文春」では、事件を“予告”していたXの正体、“黒幕”である指示役Aの人物像、連続強盗事件の犯行グループの巧妙な手口、強盗で得た金の指示役と実行犯それぞれの取り分、実行犯が指示役に逆らえない理由、強盗から家を守る“3つの掟”などを、詳報している。

《ルフィ再逮捕》「ルフィ」「範馬勇次郎」「三橋」全国連続強盗事件の犯人が使っていたコードネーム

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事