文春オンライン
《初公判》「アラブの王族と知り合いやねん」ドバイで王族の庇護下に逃げ込んだガーシー容疑者(51)を逮捕した“警視庁の本気”とは《山田孝之、真剣佑アテンドのウラ側も…》

《初公判》「アラブの王族と知り合いやねん」ドバイで王族の庇護下に逃げ込んだガーシー容疑者(51)を逮捕した“警視庁の本気”とは《山田孝之、真剣佑アテンドのウラ側も…》

genre : ニュース, 社会

 YouTube上で芸能人を繰り返し脅迫した罪などに問われているガーシーこと元参議院議員の東谷義和被告(51)。その初公判が、東京地方裁判所で開かれた。東谷被告は法廷で「一生をかけて反省し、償っていきたい」などと述べ、傍聴席に向かって頭を下げた。

 東谷被告をめぐる一連の捜査について報じた記事を再公開する。(公開日:2023年6月5日号/年齢・肩書は当時のまま)。

 ◆◆◆

ADVERTISEMENT

 6月4日夕方、成田空港に200人の報道陣が集まった。無数のストロボの光の中心にいるのは元参議院議員のYouTuber「ガーシー」こと東谷義和容疑者(51)だ。ポケモンのキャラクターがプリントされている水色のTシャツ、白色の短パンとサンダルというラフな格好で、捜査員を横に携え、終始不敵な笑みを浮かべている。

帰国したガーシー容疑者。成田空港にはメディア各社が押し寄せた ©文藝春秋 撮影/細田忠

 この日、ドバイから帰国し、成田空港に降り立ったガーシー容疑者が、ついに警視庁に逮捕された。YouTubeに配信した動画で著名人ら3人に対して、常習的に脅迫したとして、今年3月、警視庁は暴力行為法違反(常習的脅迫)や名誉棄損容疑などで逮捕状を取得していた。

 振り返れば、ガーシー容疑者は国会議員にも犯罪者にもなる前から、「文春オンライン」の記事にアパレル会社社長「X」として登場していた。

山田孝之、真剣佑らをコロナ禍の沖縄へ“アテンド”

 2020年5月、俳優の山田孝之、新田真剣佑らとコロナ禍のなか沖縄旅行を敢行。その様子は、山田孝之と真剣佑「美女密着デート」「美ら海クルーズ」“来県自粛”の沖縄でバカンス満喫《現場写真》で詳細に報じた。

 沖縄旅行にあたっては、ガーシー容疑者がクルーザーを手配し、山田らを先導して沖縄の飲食店や島内を案内していた。特にタレントのNikiはガーシー容疑者の傍にくっついて歩く姿が目立っており、彼らからの厚い信頼が見て取れた。

クルージングを楽しむ山田孝之ら一行 ©文藝春秋

 当時から有名人に女性を手配する“アテンダー”として夜の街で暗躍していたガーシー容疑者。実際、芸能事務所幹部にも親しくしている人物がいた。

 芸能界の“裏”で存在感を増していたガーシー容疑者だが、その後、大きく風向きが変わることになる。きっかけになったのは、2021年12月に「文春オンライン」でも報じた「BTSに会わせる詐欺」だ。

新田真剣佑と美女は沖縄居酒屋で“密着”。この美女は後に真剣佑が結婚した元タレント女性だ ©文藝春秋

「ガーシー容疑者は『BTSのメンバーに会わせる』と20代~30代の若い女性を中心に声をかけ、旅行代金を振り込ませた。ところがその旅行が実現することはなく、返金もされなかった。被害額は数千万円規模だといわれています。被害者の会も立ち上がり、大きな話題になりました。

 その後、ガーシー容疑者は知人に金を借りて被害者に弁済したと明かしていますが、彼が詐欺行為を働いた事実は消えない。ガーシー容疑者が悪い意味で注目を集めた最初の事件です」(社会部記者)

 BTS詐欺が露呈した後、タレントや実業家などと数々の金銭トラブルを起こし、警察から追われ、ドバイへと渡った。その経緯について事情を知る人物が明かす。

関連記事