文春オンライン

《衝撃不倫》「もうすぐ離婚する」MEGUMI(42)夫“Dragon Ash”降谷建志(44)が30代“ヤンキー風”匂わせファンと“ドロ沼不倫”「MEGUMIだけ関係を知らなかった…」

note

 タレントMEGUMI(42)の夫で、人気バンド「Dragon Ash」のボーカル・降谷建志(44)が、都内在住の30代女性と数年にわたり不倫関係にあったことが「週刊文春」の取材でわかった。9月23日夜、記者が直撃したところ、MEGUMIは「主人のことについては、私からしゃべるわけにはいかないですね」としながらも、夫の不倫について否定しなかった。

夫と別居中のMEGUMI ©時事通信社

◇◇◇

グラドルデビューからタレント、女優業へ

 今年4月に刊行した美容本『キレイはこれでつくれます』(ダイヤモンド社)が35万部超えの大ベストセラーとなっているMEGUMI。2001年にグラビアアイドルとしてデビューし、歯に衣着せぬ物言いで、バラエティ番組で活躍したのもいまや昔。現在はタレント業に加え、女優業も絶好調だ。

ADVERTISEMENT

「デビュー当初はバラエティ番組に引っ張りだこでしたが、次第に飽きられた。その後、シフトチェンジを始め、女優業にまい進した。月9や朝ドラにも出演。2020年には、映画『台風家族』などでブルーリボン賞助演女優賞を受賞するなど演技も高評価されています」(芸能記者)

 2016年からは石川県でカフェを経営するなど、実業家としての一面ものぞかせる。そんなMEGUMIが生涯の伴侶として選んだのが降谷だった。

降谷建志(本人のインスタより)

 降谷は『金田一耕助シリーズ』で名を馳せた名優・古谷一行の長男。1996年に櫻井誠、馬場育三と共に「Dragon Ash」を結成。97年にメジャーデビューした。1999年にヒップホップの要素を取り入れたシングル『Grateful Days』を発表すると、いきなり80万枚を売り上げ、オリコン1位を獲得。同年に発売したアルバム『Viva La Revolution』は180万枚売り上げ、ミリオンセラーを達成。その後も曲を出す度に大ヒットさせ、2000年代前半の音楽シーンを席巻していた。