文春オンライン
「えっ、何しに行くの? 治安が悪いから気をつけて」韓国人が敬遠する“特殊なチャイナタウン”の正体とは《韓国で進む中国離れ》

「えっ、何しに行くの? 治安が悪いから気をつけて」韓国人が敬遠する“特殊なチャイナタウン”の正体とは《韓国で進む中国離れ》

2023/10/01

genre : ニュース, 国際

 中国語の看板がずらりと並び、行き交う人々からは中国語が聞こえてくる。中国食材や羊の串焼きの店が並び、まるで中国に紛れ込んだような気分になる。

 ここはソウルの中心部から電車で25分ほどの地下鉄9号線「大林駅」にある有名なチャイナタウンだ。それほど広くはないが、韓国にある他の“中国風”のチャイナタウンとはまるきり雰囲気が違う。ハングルがかき消されるほど中国語が飛び交い、中国の人々の暮らしの息遣いが町並みからも伝わってくる。というのも、ここ大林洞は、韓国で「朝鮮族」と呼ばれる人々にとって古巣のような街だからだ。

大林洞の様子 ハングル文字と漢字が入り混じっている

「朝鮮族」とは、朝鮮半島にルーツを持つ中国籍の人々を言い、かつて日本の植民地時代に満州へ送られたり、朝鮮戦争時に韓国を離れて中国へ移住した歴史を持つ。

ADVERTISEMENT

 ここ数年、韓国では反中感情が膨らんでいるが、それ以前から中国の生活文化を韓国に持ち込む朝鮮族への視線は冷たかった。大林洞やお隣の加里峰洞は「怖い地域」というイメージを持たれ、今回もタクシーで行き先を「大林洞」と告げると、「えっ、何しに行くの? 治安が悪いから気をつけて」と言われたほどだ。

 

韓国で差別の対象になっている朝鮮族

 ネットでは10年以上前に起きた殺人事件の犯人が朝鮮族だったことが今でも度々言及され、最近では加里峰洞で朝鮮族と中国人の暴力団が街にあるカラオケ店を脅したという事件もあった。この7月にソウル市内で起きた通り魔殺人事件の際など、犯人は韓国人だと発表されたにもかかわらず、「あんな犯行をするのは韓国の遺伝子ではない」、「犯人は帰化した朝鮮族ではないか」という書き込みがネットに踊った。

 映画やドラマなどでも朝鮮族は暴力団だったり犯罪集団だったりすることが多く、昔はコメディ番組でも中国語訛りの詐欺集団がコントになるなど、差別の対象になっているのが現実だ。

 韓国と中国の国交が樹立したのは1992年。当初はビザ取得の条件が厳しく、2000年代初めまでは韓国に居住する朝鮮族と中国人を合わせて3万人ほどしかいなかった。それが2000年代に入り法律が改正され、ビザ取得のハードルが下がると、働き口を求めて一気に韓国に渡る朝鮮族が増えた。

関連記事