文春オンライン

中国共産党の対日スパイ機関の総本部? 秋葉原の「海外派出所」に実際に“泊まってみた”

中国共産党の対日スパイ機関の総本部? 秋葉原の「海外派出所」に実際に“泊まってみた”

2023/04/20

 現在、中国の警察の出先機関とされる「海外派出所」のニュースが大きな話題になっている。理由は4月17日、アメリカの検察当局がニューヨーク市在住の中国系男性2人を、中国の「秘密の警察出先機関」を運営した疑いで逮捕したためだ。なかでも容疑者の1人は、中国の公安部に協力してアメリカ国内の中国反体制派や中国人亡命者への嫌がらせを繰り返し、帰国を要求していたとされる。

 2022年末、スペインに本部を置く人権活動団体「セーフガード・ディフェンダーズ」が発表したレポートによれば、こうした海外派出所はすくなくとも53カ国に100カ所以上。そこには日本も含まれるとされる。

海外派出所が国際問題になる以前、むしろ福州市公安局は自分たちの「サービス」を積極的に中国人民にアピールしていた。 中央下が日本の「海外派出所」メンバーらとみられる。福州市公安局が過去に公開していたPR動画より。

 同団体によれば、日本の海外派出所1施設は、福建省福州市公安局の傘下にある。地元紙『福建日報』などの情報によると、この施設は正確には「福州警侨事务海外服务站」。日本語で言えば「福州市海外華僑向け警察総務サービスステーション」といったところか(他国の施設も同様の名で呼ばれる例が多い)。私はこの問題に興味を持ち、今年のはじめごろから海外派出所について調べ続けてきた。

ホテル予約サイトで宿泊予約ができた

「セーフガード・ディフェンダーズ」のレポートに掲載された海外派出所リストの画像(もともと福州市公安局が公開した情報)を確認すると、日本の施設の住所は「日本東京都千代田区神田和泉町x-xx ●●会館」だ。

 こちらをGoogleマップで調べると、同名の建物とともに「●●ホテル秋葉原」というホテルが確認できた。さらにこのホテルを検索すると……。なんと、海外系の大手ホテル予約サイトや民泊予約サイトで宿泊予約が可能であることが判明した。

某ホテル予約サイトで出てきた海外派出所ホテル。なお2023年4月20日現在も宿泊予約 は可能である。

 これは泊まってみるしかないだろう。

 私は3月16日、このホテルを予約した。ホテルの口コミ評価はサイトによって幅があったが、10点満点で8点台のものもある。せっかくなら海外派出所でのステイを楽しもう。私はさっそく秋葉原に向かい、海外派出所の近所にあるスーパーでビールとつまみを買い込んだ。

 いざ住所の場所へ行くと、ペンシルビルと言ってもよさそうな細長い建物があり、壁に大きく●●HOTELと英語で書いてあった。海外派出所があるのは、このホテルの建物(物件名が●●会館なのだ)の5階である。