文春オンライン

絶体絶命の場面での神対応…イモトアヤコが「一生ついていこうと心に誓った」女性芸人とは?

『棚からつぶ貝』

2023/12/07

source : 文春文庫

genre : エンタメ, 芸能, ライフスタイル

 鳥取より上京後、芸能界で活躍の場を広げ、お茶の間の人気を博しているタレントのイモトアヤコさん。

 ここでは、このたび文庫化された初エッセイ集『棚からつぶ貝』(文春文庫)を一部抜粋して紹介します。イモトさんが「一生ついていこうと心に誓った」女性芸人とは?(全2回の2回目/最初から読む)

©文藝春秋

◆◆◆

ADVERTISEMENT

初めてプライベートで親交を持った芸能人

 仕事を始めて早10年。それほど数は多くないものの、いわゆる芸能人と呼ばれる方と交流する機会が増えた。しかし最初の頃は、親しい芸能人の方は皆無であった。

 そりゃそうだ、今よりも海外で過ごす時間が長く、ほぼ3分の2は異国、しかも僻地の私にとって、日本の芸能界の方など遠すぎる存在だ。正直まだアマゾンのターザンの方が近い存在であった。

 そんな特殊すぎる私の芸能生活において、初めてプライベートで親交を持ったのがいとうあさこさんである。前々からなんとなく名前の雰囲気、顔の雰囲気に親近感を抱き、将来の自分の姿を重ねていた。そう思うのは私だけではないらしく、あさこさんも、私が24時間マラソンを走った後、知らないおば様によく「マラソンお疲れ様でした」と声をかけられたと言っていた。

 そんなあさこさんと、初めて一緒にロケをしてすぐさま意気投合。連絡先を交換し、ご飯に行きましたとさ。

 めでたしめでたし、とはならなかった。

©文藝春秋

 連絡先を交換したのまでは良かったが、なんせ初めての芸能人の先輩。

 自分からどうお誘いしてよいか分からず、23歳のイモトはモジモジしていた。

初めてのサシ飲みは…

 そうこうしているうちになんと、とあるドッキリ番組で私があさこさんに仕掛けることになった。私がお酒好きのあさこさんを誘いサシで飲み、あさこさんからおもしろ名言を聞き出すというもの。要は騙すのだ。連絡先は知っているが、まだ一度もプライベートでは飲んだことのない先輩を騙すのだ。すごく良心がとがめた。なんでもっと早く誘っておかなかったんだろうと後悔の念に駆られた。

 一発目がドッキリだなんて……。しかし仕事は仕事。仕掛け人としてはきっちり役目を果たさねばとあさこさんに連絡した。