文春オンライン
《18歳死体遺棄》「別れたけどしつこい元カノ」事件後にパンチパーマ容疑者が明かした18歳女性との関係「変な男に絡まれていた時に助けた」

《18歳死体遺棄》「別れたけどしつこい元カノ」事件後にパンチパーマ容疑者が明かした18歳女性との関係「変な男に絡まれていた時に助けた」

source : 週刊文春Webオリジナル

genre : ニュース, 社会

「渥美は堀に金を貸していて『アイツ何回取り立てても返さねえんだ』と周囲に話していました。会社を経営して金がある時に貸したようですが、その後もずっと返さないので『お前、手伝えよ』と仕事をやらせることもあり、2人は主従関係にあったようです」(渥美遼馬容疑者の知人男性)

 高校時代の同級生だった30代の男2人は、なぜ18歳の女性の遺体を山に捨てるという凶行に及んだのか――。

渥美容疑者の自宅前

交際関係は5月中旬に破綻していた

 山梨県小菅村の山中から白骨化した野本結梨香さん(当時18)の遺体が見つかったのは11月27日のことだった。警視庁は野本さんの遺体を山林に捨てたとして、これまでに野本さんの交際相手だった渥美遼馬容疑者(31)と高校の同級生だった堀俊哉容疑者(30)を死体遺棄容疑で逮捕した。

ADVERTISEMENT

渥美遼馬容疑者(本人のインスタグラムより〉

 遺体発見から約1週間がたち、事件の全貌が徐々に明らかになってきた。

 渥美と交際していた野本さんが、突如実家から失踪したのは6月7日のことだった。社会部記者が解説する。

「渥美と野本さんが付き合い始めたのは今年4月頃で、きっかけは渥美のナンパでした。ただ、野本さんは行方不明になる直前に友人に『彼氏の連絡がしつこい』『別れたい』と相談するなど交際は順調にはいかず、5月中旬には破綻していたようです」

亡くなった野本さん

 渥美は、地元で夜な夜なはしご酒を繰り返していた。行きつけのバーのスタッフが明かす。

「今年春、遼馬がまだ若い女の子と2人で店に来たことがある。他の客には目も向けず2人だけで話し、1杯だけ飲んですぐに帰った。もう明け方の時間帯で、ずいぶん遅い時間までデートで引き回すんだなと思った。女性は少し疲れた様子でした」

 野本さんが死亡したのは失踪直後とみられるが、これまでの捜査で、野本さんが行方不明となった翌日、野本さんのLINEから職場の介護施設に『1週間ほど休ませて欲しい』と連絡があったことも判明。また家族とも連絡をとるなど、渥美が野本さんの携帯電話を操作し、彼女の無事を偽装していた可能性が高い。

 さらに渥美は、自身の知人にも“偽装”を行っていたようだ。冒頭の知人男性が6月以降の渥美の様子を明かす。

関連記事