文春オンライン
人気学童「ウィズダムアカデミー」の元社員男性(30)が小学生への性加害で起訴されていた 送迎の車内や防犯カメラの死角で膝の上に座らせ…

人気学童「ウィズダムアカデミー」の元社員男性(30)が小学生への性加害で起訴されていた 送迎の車内や防犯カメラの死角で膝の上に座らせ…

genre : ニュース, 社会

 小学校から学童、学童から家までの送迎完備で、習い事があれば学童からの行き来にも対応。英語やその他の学習メニューも充実している。長期休暇中は昼ご飯・おやつ・夕ご飯まで出してくれて、お弁当を作る必要はなし――。

 そんな共働き親のニーズを見事にくみ取ったようなサービスを売りにしていた学童施設で、性被害の事件が起きてしまった。

ウィズダムアカデミー公式HP

 舞台は東京を中心に関東圏で急成長するウィズダムアカデミー。2022年7月25日付で総額4億8100万円の第三者割当増資による資金調達をおこない、2023年4月に英語学童「WISDOM ACADEMY PRIME」を6校開校するなど、増える共働きニーズに合わせて校舎数を増やしていた。

ADVERTISEMENT

 しかしこのウィズダムアカデミーの学童で、あろうことか男性社員が少なくとも3人の児童に対して性加害を行っていたことが判明。当該社員である佐藤秀貴被告(30)は強制わいせつの罪で逮捕・起訴され、現在公判が進んでいる。

「組織内でごまかそうとしているのではないかと思ってしまう」

 文春オンラインの取材に、被害児童の母親は次のように語っている。

「被告への怒りはもちろんありますが、ウィズダムアカデミーの対応にも疑問があります。事件を公表する姿勢もなく、組織内でごまかそうとしているのではないかと思ってしまう。逮捕後に謝罪はありましたが、表面的すぎると感じました」

佐藤秀貴被告

 進行中の公判によれば、佐藤被告は男児性愛者との証言があり、児童への加害行為は送迎の車内や、防犯カメラの死角となるキッチンスペースで膝の上に座らせるなどして行われた。

 学童内には防犯カメラが設置されていたが、その管理責任者が佐藤被告であり、児童への加害行為が映った防犯カメラの映像が被告のスマホにも保存されていたことが分かったという。この件で、児童ポルノ禁止法違反でも追起訴されている。

 昨今、相次ぐ性被害の告発に対して、小学校では「子どもの体に不必要に触れない、密室に二人きりにならない」などのお知らせが配られる学校も増えている。

関連記事