昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

占い師・しいたけが芥川賞作家・村田沙耶香を占ったら……トーク編

人気作家と気鋭の占い師、それぞれ90年代に暗い青春の過去が?

SNSやネット記事で悩み、寝込む

しいたけ それで思い出したんですが、あるときSNS上で「こういうおじさんのSNS投稿は嫌だ」というようなアンケート企画があったんです。その結果が、自撮りもってのほか、食事の写真もってのほか、ペットと一緒に写ってかわいいアピールもってのほか……。

村田 えっ!

しいたけ ゴルフもってのほか。

©榎本麻美/文藝春秋

村田 そんな……。

しいたけ 全部だめじゃん、となったんです。じゃあ何だったらいいのかといえば、ペットの「ねこ単体」。おじさんがSNS上での自己アピールをするのは見たくない、と。その結果を見て僕、1週間くらい悩みましたよね……。

村田 私も「こういう行動はNG」とか、「こういうふうに振舞う人は嫌い」というふうに誰かの存在を糾弾するようなネット記事を読んで、寝込んでしまうことがあります。

しいたけ SNSではあらゆる世代が、それぞれの速度や価値観でコミュニケーションをとっているので、一方はウケ狙いのつもりでも一方は深く傷ついてしまったりしますよね。

 僕は占い師として仕事をしていて、最近、人間関係やコミュニケーションの悩みにSNSが介入していることがとても多いと感じています。先日刊行した本(『しいたけ占い 12星座の蜜と毒』)では、12星座それぞれの性格をふまえたSNSの使い方を提案したりしています。

 あっ、そろそろ占いをはじめないと時間がなくなってしまいますね。これから、村田さんを占っていきたいと思います。

村田 はい、よろしくお願いします。


(次回「占い師・しいたけが芥川賞作家・村田沙耶香を占ったら……実践編」へ続く)

 

©TAROUT

しいたけ
占い師。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究するかたわら占いを学問として勉強。2014年から「VOGUE GIRL」で連載開始、毎週月曜更新の「WEEKLY! しいたけ占い」で注目を集める。「しいたけ」という名前の由来は、唯一苦手な食べ物が「しいたけ」であり、それを克服したかったから。著書に『しいたけ占い 12星座の蜜と毒』(KADOKAWA)、『しいたけ占い  12星座でわかるどんな人ともうまくいく方法』(マガジンハウス)がある。

 

村田沙耶香
小説家。1979年、千葉県生まれ。玉川大学文学部卒業。2003年「授乳」が第46回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。09年『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞受賞。13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。16年『コンビニ人間』で第155回芥川龍之介賞受賞。


写真・榎本麻美

しいたけ占い 12星座の蜜と毒

しいたけ(著)

KADOKAWA
2017年12月15日 発売

購入する

コンビニ人間

村田 沙耶香(著)

文藝春秋
2016年7月27日 発売

購入する

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー