文春オンライン

《写真多数》「キムタクだけは…」タモリ、元SMAP、元キスマイ、DAIGO、ベッキー…フジ名物Pの通夜・告別式に訪れた人々「30年でこんなに花が届いたのは初めて」

 2月17日夜、世田谷区の斎場には多数の芸能人が訪れていた。芸能界関係者からの供花が故人の遺影を囲むように埋め尽くし、係員は「30年間でこんなに花が届いたのは初めて」と驚いていた――。

 その日営まれたのは、フジテレビの名物プロデューサー・黒木彰一氏の通夜。13日に白血病のため54歳の若さで亡くなった。

2016年の事務所独立騒動の頃にも中居正広と黒木彰一氏はよく食事にいっていた ©文藝春秋 撮影・細田忠

「SMAP×SMAP」など数々の人気番組を担当

 黒木氏は1994年にフジテレビに入社。編成制作局バラエティー制作センターバラエティー制作部、部長職ゼネラルプロデューサーで、タモリが司会を務めた「笑っていいとも!」や、SMAPの冠番組「SMAP×SMAP」など数々の人気番組を担当した。

ADVERTISEMENT

 この日、参列したヒロミ、爆笑問題、キャイ~ン、ベッキー、DAIGOは、黒木氏が担当した「笑っていいとも!」のレギュラーメンバーたちである。翌日の告別式にはタモリが参列した。

タモリと見られる人物が葬儀場に入っていった ©文藝春秋/撮影・上田康太郎

 会場の外に報道陣が詰めかけたのには理由があった。2016年に解散したSMAPのメンバー5人が“再集合”するのではないかと囁かれていたからだ。

関連記事