昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“首相案件”を忖度する時代の「21世紀型官僚」とは何か?

官僚論の名著が唱える“国士型官僚””リアリスト官僚”を超えた姿

2018/04/13

55年体制と忖度のはじまり

 だが、このようなゆとりある国士型官僚の時代は、55年体制の成立とともに変化をよぎなくされた。自民党の万年与党化によって族議員が権力をもつようになり、もはや官僚は自由自在に理想を実現できなくなったのである。

 もはや天下国家を語っても仕方がない。膨大な予算を限られた時間内に混乱なくまとめ上げるため、官僚は、族議員や関係団体の意向を伺い、根回しをし、かれらが納得する試案をまとめることに奔走するようになった。リアリスト官僚の誕生である。

佐川宣寿・元国税庁長官 ©文藝春秋

 リアリスト官僚の思考を示すものとして、大蔵官僚のこんな証言が引かれている。

「『おたがいに、あまり基本的な疑問をもたないことにしましょうや。基本問題に疑問をもちだすと、キリがありませんから……。』と遠慮がちではありましたが、かなりハッキリと、そういいました。これには思わずギクリとしましたね。なるほど、これが発言者をふくめた当時の公務員の平均的思考形態なのかな、と」(橋口収『若き官僚たちへの手紙』)。

リアリスト官僚にとっては必要な能力

 こういうリアリスト官僚にとっては、施策の整合性や合理性よりも、有力者がどう考えているかが重要になってくる。

「たとえ、暫定的なものであっても、限られた時間内において関係者間の合意を成立させ、当面、問題の一応の解決を図ることを職務としている実務家にとっては、事柄の客観的側面に関する膨大な間接情報よりも、組織の中枢にあるキーパースンが問題をどう受け止めているかを示唆する一言のほうが比較にならないほど価値が大きい」(佐竹、前掲書)。

財務省 太田充理財局長 ©時事通信社

 有力者は明確に「こうせよ」と指示するとは限らない。そこには示唆も含まれる。佐竹はこの言葉を使っていないが、まさに適切な「忖度」もリアリスト官僚にとっては必要な能力のひとつだったのではないかと考えられる。