文春オンライン

国立の最難関・筑波大学附属小学校が入試で重要視する「クマ歩き(クマ走り)」って何だ?《お受験の謎》

source : 週刊文春 電子版オリジナル

genre : ライフ, 教育

 過熱する小学校“お受験市場”。少子化が進んでいるにもかかわらず、公立ではない名門小学校への志望者は増え続けており、情報サイト「お受験じょうほう」によると、今年度入学の首都圏にある私立小学校の総志願者数は約2万4000人にも上るという。

 だが、巷に出回る「お受験」に関する情報は多くない。試験の内容、合否判定の基準、塾の月謝……初めて臨む親にとっては分からないことだらけで、“秘密のベール”に包まれている。

写真:アフロ

秘密のベールに包まれた試験の内容

「週刊文春」は3月29日に文春オンラインに配信した記事で、私立小学校の最難関・慶應義塾幼稚舎に挑戦した母子の体験談を報じた

ADVERTISEMENT

 今回の記事でお伝えするのは、国立の難関校・筑波大学附属小学校に子供を入れた佐藤佳奈子さん(仮名、30代)の体験談だ。

筑波大附属小学校のホームページ

「社会に出るまでに受験は経験してほしいので、大学受験をすることを前提に中高の偏差値が高い学校で志望校を選び、筑波を念頭にお受験を開始しました」

 佳奈子さんはこう語る。彼女によると、筑波の試験内容は、ペーパーと口頭試問、親の作文、そして「クマ走り」と呼ばれる運動だという。