文春オンライン

「私はお父さんの子どもじゃないんだ」父・赤井英和とは14年間会えず…赤井沙希(36)が幼少期に抱いた“複雑な思い”――2023年読まれた記事

『強く、気高く、美しく 赤井沙希・自伝』より #1

2024/05/05

genre : エンタメ, 芸能

note

 ふと下のほうを見たら、片手のないちびっ子のサルがいました。でも大人のサルが怖くて、ピーナッツをあげられなかった。どうしようと思っていたら、父がその子の口元にピーナッツを運んであげたんですよね。わたしはそれをしてあげられなかったから、怖さよりも、「この人はこのちびちゃんをちゃんと見つけて、エサをあげてくれたんだ」っていう印象がすごく残っています。

幼少期の赤井沙希さんと父・赤井英和さん(『強く、気高く、美しく 赤井沙希・自伝』より)

「この人にとってわたしは子供じゃないんだ」と途方に暮れた出来事

 京都の四条大宮という駅で父とお別れすることになって、「なんだったんだろう、今日は」と思いました。べつにまた父と暮らすわけでもないんだなとか。母が車で帰ろうとしたら、駅の売店の陰から父が覗いてきて。隠れたと思ったら、ヒョコッと顔を出して、またバイバイしてきて、また隠れたと思ったら、またバイバイ。 

 わたしと姉はゲラゲラ笑って、「もう帰ったんちゃう?」「まだいた!」とか言って、何回も何回もやってくれて。車の中でずーっと笑っていました。

ADVERTISEMENT

 いま思えば、あれは父が再婚するタイミングだったんです。

 わたしが9歳のとき、父が『24時間テレビ』のチャリティーマラソンランナーになりました。べつに興味はなかったけど、「ちゃんと走り切れるのかな?」とか心のどこかで思ったりしていて。ゴールした瞬間、「やった! パパ、走り切ってよかった!」って思ったら、この感謝をだれに伝えたいか聞かれた父は、家族の名前を挙げたんですよね。わたしの名前はもちろん入っていなくて……。

©文藝春秋

「ああ、わたしにとってお父さんはこの人だけだけど、この人にとってわたしは子供じゃないんだ。でもわたしは日常に生きていて、これを見続けなきゃいけないんだ」と途方に暮れました。

2023年の読まれた記事「家族部門」結果一覧

1位:「雅弘が内田家に入ってよかった」と本木の母が… 内田也哉子と本木雅弘が初の夫婦対談で語った“婿の言い分・妻の言い分”
https://bunshun.jp/articles/-/70558

2位:生田斗真(39)は「清野菜名と過ごす家で…」ベテラン勢“続々独立”のウラで際立つ“生田ファミリーのバックアップ”
https://bunshun.jp/articles/-/70557

3位:「私はお父さんの子どもじゃないんだ」父・赤井英和とは14年間会えず…赤井沙希(36)が幼少期に抱いた“複雑な思い”
https://bunshun.jp/articles/-/70556

4位:“肉体派女優”は両親から「格差婚」に猛反対され…確執を乗り越えた松坂慶子が「90まで女優をしたい」と語る理由
https://bunshun.jp/articles/-/70554

5位:「若い男性と親密な関係」「夫から手を出された」上原多香子が夫との警察沙汰で今井絵理子の実家に逃げ込んだ
https://bunshun.jp/articles/-/70553

強く、気高く、美しく 赤井沙希・自伝

強く、気高く、美しく 赤井沙希・自伝

赤井 沙希

イースト・プレス

2023年11月21日 発売

「私はお父さんの子どもじゃないんだ」父・赤井英和とは14年間会えず…赤井沙希(36)が幼少期に抱いた“複雑な思い”――2023年読まれた記事

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー