文春オンライン

「暴露本を出しませんか?」17歳で芸能界デビュー→“赤井英和の娘”と即身バレ…赤井沙希(36)が高校時代に感じた“マスコミの恐怖”

『強く、気高く、美しく 赤井沙希・自伝』より #2

2023/11/28

genre : エンタメ, 芸能

 今月12日にプロレスラーを引退した、タレントの赤井沙希さん(36)。彼女は、元プロボクサーで俳優の赤井英和さんを父に持つことで知られている。両親が幼い時に離婚し、父親の記憶がほとんどないまま育った赤井さんは、芸能界デビューをきっかけに父親と再会。その後、“赤井英和の娘”というレッテルに悩みながらも、芸能界とプロレス界で活躍してきた。

 そんな彼女が、自身の半生を綴った著書『強く、気高く、美しく 赤井沙希・自伝』(イースト・プレス)を上梓した。ここでは同書より一部を抜粋し、モデル時代のエピソードやファースト写真集発売の経緯、父・赤井英和さんと14年ぶりに再会した際のエピソードを紹介する。(全2回の2回目/1回目から続く)

赤井沙希さん ©文藝春秋

◆◆◆

ADVERTISEMENT

思いと行動の矛盾

 有名な雑誌だと『JJ』や『CanCam』の着回しコーデのモデルも経験しましたが、雑誌のモデルにしては身長が高すぎるのと、骨格が大きすぎるんですよね。 

 用意された靴が入らなくて、そういうときは滑りを良くするためにゴミ袋を履いてからブーツを履いていました。めちゃめちゃ痛いし、むくんでパンパン……。

 モデルとちゃんと言えるほど細くはなかったので、お洋服も無理やり着ていました。 

 そこまでプロ意識がなかったんだと思います。学校の帰り道で定食屋さんで唐揚げ定食を食べて、家に帰ってからも夕飯を食べたり。

 好きでモデルを始めたはずだし、せっかくチャンスももらえていたのに、それを絶対掴もうという考が至りませんでした。

外見はずっとコンプレックスだった

「もっと美人になろう」とか「太ってるからもっと痩せなきゃ」とか思っているくせに、いつもどおり唐揚げ定食を食べていて、矛盾しまくっていましたね。行動と考えが一致していなかったです。 

 外見はずっとコンプレックスだったし、そもそも自分の性格も好きではありませんでした。基本的に明るい性格ではないですからね。

 現場でモデル仲間とヘアメイクさん、スタイリストさんがタメ口で楽しそうに喋っていたりすると、疎外感を抱いていました。

関連記事