文春オンライン

「ダメダメダメダメ!」歌舞伎町で“屈強な男”に囲まれ逃げ場ナシ…タレント・赤井沙希(36)がプロレスデビューを決意した経緯

『強く、気高く、美しく 赤井沙希・自伝』より #3

2023/12/02

genre : エンタメ, 芸能

 11月12日にプロレスラーを引退した、タレントの赤井沙希さん(36)。彼女は、元プロボクサーで俳優の赤井英和さんを父に持つことで知られている。両親が幼い時に離婚し、父親の記憶がほとんどないまま育った赤井さんは、芸能界デビューがきっかけで、14年ぶりに父親と再会。その後、“赤井英和の娘”というレッテルに悩みながらも、芸能界とプロレス界で活躍してきた。

 そんな彼女が、自身の半生を綴った著書『強く、気高く、美しく 赤井沙希・自伝』(イースト・プレス)を上梓した。ここでは同書より一部を抜粋し、赤井沙希さんがプロレスデビューを決意するまでのエピソードを紹介する。(全4回の3回目/4回目に続く)

赤井沙希さん ©杉山秀樹/文藝春秋

◆◆◆

ADVERTISEMENT

『ラジオ新日本プロレス』のアシスタントに起用される

 2012年4月、『ラジオ新日本プロレス』のアシスタントに起用されました。プロレスはわからないけど格闘技に理解があるということで。清野茂樹アナウンサーがMCの番組です。

 毎週、新日本の選手がゲストにいらっしゃるんですけど、プロレスのことがまったくわからなかったので、めっちゃ質問しました。「なんでロープに振られて帰ってくるんですか?」とか、「なんで避けられるのに避けないんですか?」とか。矢野通選手に「いつパイプ椅子をリング下に入れてるんですか?」とか、TAKAみちのく選手に「なんでそんな前髪してるんですか?」とか(笑)。なにが失礼で、なにが失礼じゃないかもわからなくて、いま思えばめちゃめちゃ失礼なことを聞きまくっていました。

プロレスの勉強のために大阪へ遠征

 でも、いまわたしが聞かれたら、答えられます。ロープに振られて帰ってくるのは、その反動を使ってカウンターでなにか技を仕掛けられる場合もあるし、逆に帰ってこないと、ワイヤーなので肋骨が危ない場合もあるから。なんで避けないのかと言ったら、避けられる技は避けるし、まだ自分の体力が残っているのであれば、受けてナンボのお仕事だと思うので受ける。いまの子たちがこれで納得してくれるかわからないですけど。

 プロレスの勉強のために、試合もたくさん観に行きました。大阪にも遠征しましたね。好きだった選手は、中邑真輔選手、真壁刀義選手、石井智宏選手。泥臭い感じの人が好きで、真壁選手なんて膝も悪いって聞くから、「なんでこんなにボロボロになっているのに、それでも立ち向かっていくんだろう?」と思ったり。

関連記事