文春オンライン

連載THIS WEEK

「うちの先生は元国会議員ですから」の殺し文句で5億円荒稼ぎ 元自民党国会議員(48)も逮捕された“巨大詐欺事件”の真相

note

 ここまで急に落ちぶれる元国会議員も珍しい。投資詐欺などの被害金を回収するため、弁護士の名義を無資格の他人に貸して法律事務をさせたとして、警視庁捜査二課が弁護士法違反(非弁提携)容疑で元衆院議員で弁護士の今野智博容疑者(48)を逮捕したと発表したのは6月13日のこと。

「捜査二課はほかに29〜51歳の男女10人も今野容疑者の名義を使って被害金回収の法律事務をしたとして逮捕。23都府県にいる900人前後の詐欺被害者から被害回復の着手金として計約5億円を受け取ったとされますが、回収が成功したケースはほとんどないとみられます」(警視庁担当記者)

今野智博容疑者(「今野法律事務所」HPより)

「政治家になるために弁護士になった」と公言

 今野は「政治家になるために弁護士になった」と公言。司法試験合格後、約7年の弁護士生活を経て2012年に自民党から出馬。郵政民営化に反対して無所属で出馬した現法相の小泉龍司氏の対抗馬となったが、その年も含めて選挙区では3回連続で敗退。2回目までは比例復活したものの、3回目の17年は無所属で戦って敗れ、引退した。

ADVERTISEMENT

「弁護士出身の経歴から法務委員会などに所属したが、ほとんど実績も上げずに引退した印象です。所属は裏金事件の震源地となった清和会(現安倍派)でしたが、早々に引退していたために、裏金事件の調査にも引っかからずに終わりました」(全国紙政治部記者)

この記事の全文は「週刊文春 電子版」で購読できます
“元国会議員”で5億円荒稼ぎ 犯罪集団のマニュアルの中身.gsub(/

“元国会議員”で5億円荒稼ぎ 犯罪集団のマニュアルの中身