文春オンライン

「スマホ料金の遅延」は絶対NG…【ローンで審査落ちする人・しない人】のたった1つの違い

『消費者金融ずるずる日記』より #2

2024/06/29

genre : ニュース, 社会

note

 お金を借りたい人が、「スマホ料金」を遅延してはいけない理由とは……? 消費者金融業界で20年間働き続けた、加原井末路氏の新刊『消費者金融ずるずる日記』(三五館シンシャ)より一部抜粋してお届けする。(全2回の2回目/前編を読む)  

お金を借りたいのに、借りれない人の特徴とは? 写真はイメージ ©getty

◆◆◆

お金を借りたければ「スマホ料金の遅延はNG」

 われわれがお金を貸す際、その要となるのが「信用情報」の照会である。お客に記入してもらう借入れ申込書はあくまで自己申告であり、ほとんど当てにならない。とくに多重債務に陥っている人の場合は、悪意はなくとも把握しきれていないケースも多々ある。

ADVERTISEMENT

 だからわれわれは信用情報機関を利用する。これこそが「お金の履歴書」なのだ。それは通称「クレヒス(クレジットヒストリー)」と呼ばれ、今までに借りた金融機関の件数や債務の残高、支払いの遅れや弁護士介入による債務整理を含む金融事故まで、お客のお金にまつわる情報すべてが丸裸にされる。

 ここで過去に支払いの大幅な遅延、弁護士介入や破産などの金融事故が発覚していることがわかれば、いわゆる「ブラック」扱いで、現在どんなに収入があろうと審査落ちとなる。

「クレヒス」が登録されている信用情報機関は大きく分けて3種類ある。

 (1)    CIC(株式会社シー・アイ・シー):クレジット会社や信販系

 (2)    JICC(株式会社日本信用情報機構):消費者金融系

 (3)    KSC(全国銀行個人信用情報センター):銀行系

 われわれのような消費者金融業者が照会するのは(1)と(2)である。だから、消費者金融の借入れがなくても、信販系での買い物や通販などの分割払いの遅れ、または家賃の滞納なども影響がある場合がある。「無自覚ブラック」というやつだ。

 家賃はあいだに保証会社が入ることが多く、その保証会社が信販系だと信用情報機関に加盟しているため、家賃滞納や遅れが記録に残る。最近では、スマホの分割購入代金の遅れで審査に引っかかるケースもある。たかがスマホの通信料の遅れとたかをくくっていると、分割購入のスマホ本体の支払い遅れも同時進行して、「無自覚ブラック」になっている人も少なくない。

 申込書によると地元メーカー勤務の30代男性、「生活資金」名目で30万円の貸付を希望していた。パソコンで信用情報を照会したところ、オリコの支払いが遅延している。信販系で督促もゆるいため、おそらく気づかないまま放置してあるのだろう。残念ながら貸付不可となる。

「お客さま、たいへん申し訳ございませんが、審査の結果、当社規定により今回はご融資できません」

 定番の断り文句を告げると、お客は血相を変えた。きっと自分が審査落ちするなどとは夢にも思っていなかったのだろう。

「えっ!? なんで! 理由を聞かせてよ」

写真はイメージ ©getty

 お客としても、その理由を確認しないことには改善策も見つからないのだから気持ちはよくわかる。

 しかし、「あんた、オリコの支払い遅れてるでしょ」なんて口が裂けても言ってはいけないのだ。なので、理由は「当社規定による」一辺倒でお帰りいただく。

関連記事