文春オンライン

連載シネマチャート

「余命わずか」と診断された愛犬に雪景色を見せるため…孤独な男とラブラドールがバイクで旅をする 「チャーリー」を採点!

シネマチャート

note

〈あらすじ〉

 南インドのマイスール。工場に勤務するダルマ(ラクシット・シェッティ)は過去の悲劇をきっかけに、周囲との関わりを避けて孤独に生きてきた。楽しみは酒と煙草、チャーリー・チャップリンの映画鑑賞だけ。

 そんなダルマの家に、悪徳ブリーダーのもとから逃げ出してきたラブラドールの子犬が住みつく。「チャーリー」と名付けた、そのやんちゃな子犬に振り回されながらも楽しい日々を送るにつれて、ダルマは周囲の人に優しくなっていく。

 ある日、チャーリーががんで余命わずかと診断される。雪が大好きなチャーリーに本物の雪景色を見せるために、ダルマはサイドカーに愛犬を乗せて、ヒマラヤへ向かう。

ADVERTISEMENT

〈解説〉

 犬と人間の絆を描くロードムービー。脚本も手掛けたキランラージ・Kの長編監督デビュー作。164分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆インドの田舎から都会までを駆けめぐるオリコウわんちゃん! 笑いあり涙あり? くどい音楽も苦にならず。犬好きは必見!

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆犬の愛くるしさにほだされかけるが、これはやはり人工甘味料。撮らなくてよい場面や、言わなくてよい台詞が多すぎる。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★職場と部屋と買い食いと、頑固な独居男の無愛想な日常が他人事に思えず。心の垢を涙で洗い流す出会いと道行に感動。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆ロードムービーとして起動するまでの長さに閉口したが、後半の風景の移動に心が躍った。チャップリン愛が微笑ましい。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆言語がなくても理解できる一風変わった動物映画と思いきや超直球な生き物との絵巻図。啓蒙的アプローチも好ましい。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2022 Paramvah Studios All Rights Reserved.
配給:インターフィルム
INFORMATIONアイコン

チャーリー(印)
6月28日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開
https://777charlie-movie.com/

「余命わずか」と診断された愛犬に雪景色を見せるため…孤独な男とラブラドールがバイクで旅をする 「チャーリー」を採点!

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー