昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/05/09

これから先、人生何があるかわからない

のん アルコールが入ってるってだけで、拒否反応があるんです。

高橋 でも、これから先、人生何があるかわからないよ(笑)。

のん そうですね。のんになって音楽でデビューできたこともまだちょっと信じられないし、ワーハピのステージに立った時もそう感じました。

 

高橋 あのときは、大きな失敗しちゃったらどうしようって思ってたの?

のん はい。出番まではものすごく緊張して早くお家に帰りたかったくらい。

高橋 帰っちゃったら、それはそれで伝説になっていたかもね(笑)。僕もライブが始まる前に帰りたいと思ったことは何度もありましたよ。ステージに出ちゃえば平気なんだけど。そういう時期もありました。

のん 私もステージに出ちゃったら大丈夫でした。あそこで度胸がついたと思います。元々、怖いもの知らずで目立ちたがり屋だし(笑)。

高橋 女優さんは嘘つかなきゃいけないとこもあるもんね。

のん そうですね(笑)。リップサービスしたりとか。

高橋 音楽ではエンターテイメントとして演じることはあっても、それは演技じゃなくて演出ですから。

君の世代にバトンを渡すから、応援するよ

のん 私、ワーハピの打ち上げで、幸宏さんに「これからは君の世代にバトンを渡すから、応援するよ」と言ってくださったことが本当に心強かったんです。

高橋 アルバムのブックレットを見せてもらったけど、やっぱり普通のミュージシャンじゃないよね。ヴィジュアルだけ見ても、こんな人はあまりいない。本人が望んでるのはロック寄りなんだろうけど、ナチュラルなのんちゃんを見たいというファンもいるだろうし、どっちの顔もあるから不思議。

のん なるほど、そうですよね。 

 

高橋 僕は音楽にユーモアは絶対必要だと思っているの。音楽を一緒にやってきたバンドのメンバーもそういう面白いことが大好きな人たちばかりだし、YMOで漫才までやったことがあるから。

のん 私もオモシロでいきたいんです。シリアスな感じよりそっちの方が自分には似合っているんじゃないかと。

高橋 何をもって正統派とするかってことだよね。ナチュラル=正統派ではないし。でも、何するかわからない人って面白い。