文春オンライン

街頭よりプロレス...小池百合子都知事が選挙期間中に仕掛けた“場外戦”はなにが問題だったのか

2024/07/09
note

 東京都知事選は7日に投開票がおこなわれたが、選挙期間中に注目された言葉があった。「公務」である。3選を目指した小池百合子候補がなかなか街頭(演説)に出ない理由に公務を挙げていたのだ。

 では公務で何をしていたのか。都庁に籠っていたかといえばそうではない。ここにヒントがある。都知事として「現場視察」に赴き、メディアの露出を増やしていた。この手法なら小池氏にとって厄介なフリー記者に質問されないだけでなく、街頭演説をしなくてもPRができる。

3選を果たした小池百合子都知事 ©時事通信

 BS-TBSの『報道1930』(7月4日)は小池氏について、

ADVERTISEMENT

『告示日から今週月曜(7月1日)までの12日間で、公務の視察は通常では考えられない13回にのぼります』と報道。やはり通常より多く視察を選挙期間中に入れていたことがわかった(最終的には18回だった)。  

 その公務の1つに「都電プロレス」があった。

《小池氏は6月29日、プロレス団体「DDT」が東京さくらトラム(都電荒川線)で開催した「都電プロレス」のオープニングセレモニーに公務として出席しただけでなく、試合にも“参戦”。》(東京スポーツ7月2日付)

「プロレスの政治利用」と批判の声

 鈴木みのるを羽交い締めにした髙木三四郎から呼び込まれると小池都知事は空手チョップを鈴木の胸元に放った。観客の「百合子」コールの中、小池氏は上機嫌で降車した。

 DDTを運営するCyberFightの副社長でもある髙木三四郎は「今日の1番は小池都知事が公務で視察にいらっしゃったこと」「序盤の知事の空手チョップが1番効いた。あの空手チョップは力道山先生の空手チョップだと思うんです」と語った。

 東スポによれば、今回の都電プロレスはDDTのリングにも上がる自民党の川松真一朗都議が、仕掛けたものだという。都電荒川線の50周年記念の盛り上げイベントとして、昨年大成功を収めた新幹線プロレスを開催したDDTが企画した。川松氏が都交通局と折衝したという。

都電プロレスに“参戦”する小池都知事 ©AFP=時事

 SNSでは、街頭演説をしないで都電プロレスに出ている小池氏への批判もあったほか、

《矛先は出場したプロレスラーにも向けられ、DDTや鈴木に対しては「ガッカリした」「プロレスの政治利用」「権力者にすり寄るとは」の声も。》(スポニチ7月2日)