文春オンライン

「恥骨に鮮やかなタトゥー」「ボディビルダーとして入賞も」税不正とソープ勤務で懲戒免職“40代のマルサの女”の生々しい素顔とは…

note

税不正を行い、ソープで仕事もこなすボディビルダー

「ボディビルダーとして局内でも有名な肉体派。大会で入賞経験もあった。夫も同じく国税庁に勤務するエリートです」

 本人が更新する風俗店の営業用ブログを見ると、当初は目元や口元など一部を隠していたが、5月からは顔出しを解禁。大胆さを増し、なんと恥骨には鮮やかなタトゥーが刻まれていた。

ボディービルで入賞経験も

 小誌は、風俗店の勤務後の女性を直撃。すると「処分に何か言うつもりはありません」としつつも、当局の対応への不満を語った。

ADVERTISEMENT

――タトゥーは以前から?

「タトゥーですか。職員の時から入っています。一般常識からいうと驚きですか? まだまだ反社的なイメージのものですからね」

 タトゥーの入った“マルサの女”が、明かした国税当局への不満とは――。

 7月10日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」及び7月11日(木)発売の「週刊文春」では、「『恥骨にタトゥー』 税不正と風俗でクビ マルサの女を直撃した」と題して、マルサの女が語った税不正問題への見解の相違点、風俗店勤務の実態、同じ国税庁に勤務する夫への想いなどを詳報する。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

「恥骨に鮮やかなタトゥー」「ボディビルダーとして入賞も」税不正とソープ勤務で懲戒免職“40代のマルサの女”の生々しい素顔とは…

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録

関連記事