昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/05/29

まずは山を楽しむ

 8丁目まで登ると夫婦杉が現れる。左右同形の巨木で、樹齢5~600年を経ている縁起の良い大木だそうだ。

6丁目にある夫婦杉は左右同形の巨木で樹齢は5~600年とか

 まだこのあたりは杉などの樹林帯だが、休憩所がある16丁目あたりまでくると樅の木などに変わって来る。

 20丁目の富士見台あたりまでで約1時間ほど経過。だいぶ青空が増えて来たが、富士山はまだ拝めなかった。

20丁目の富士見台。富士山はまだ拝めなかった。

 森林帯がやや低木になり、登山道には大きな岩がゴロゴロ現れ始めた。小さい子供たちが元気に下って来る。ガレ場が出てくるともう少しで山頂である。

いよいよ大山山頂茶屋に到着

 ようやく28丁目の山頂鳥居に到着。頂上がみえてきた。そしてそこには、すばらしい晴天と眺望が広がっていた。雲は消え、遥か相模湾方向が見渡せる。富士山も顔を出してきた。奥社に参拝し、いよいよ大山山頂茶屋へ到着だ。

快晴の大山山頂茶屋は大混雑

 大山山頂茶屋も昼時で大混雑であった。以前来た時よりだいぶ綺麗に改装されたように思う。テラス席が増えたのかもしれない。

 メニューに「山菜そば」500円があることを確認し、ようやく大山詣の目的「山菜そば」を注文した。

メニューに「山菜そば」500円を発見