昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

お金はどうやって稼いでいるのか?

――おふたりとも、ポジティブですね!

Mika フリー素材をやってみて嫌なことよりも、フリー素材だからこそ体験できたことのほうが多いんです。街で配ってあるティッシュに自分がいたり、ツイッターで自分の写真が流れてきたり。日々、自分を発見しています(笑)。

 

――でも、お金はどうやって稼いでいるんですか? 今の「無料アイドル」から「有料アイドル」に移行していくのは難しくないですか?

Rika もちろん、フリー素材では稼ぐことが出来ません。ただ、これをきっかけにCMへの起用やフリー素材にない画像や動画の撮影、雑誌のレポート記事への出演のお仕事が増えてきているんです。

 

――肖像権を放棄されているということですが、CMや雑誌ではどのようにお金が発生しているのでしょうか?

Mika 肖像権を放棄しているのは、自分たちのフリー素材サイトにアップしている画像や音声だけなので、それ以外の素材を別に撮影するCMや雑誌の場合は、撮影料としてお金をいただいています。

Rika 今はまだ認知度を上げていく時期だと思っているので、基本的には先方の言い値でやっています(笑)。

――なるほど、撮影料としてお金をいただいているんですね。

 

わさビーフからXperiaまで、CM出演が次々と

Mika フリー素材を始めてから最初の1年間は、写真が無料で使われているだけの状態だったので1銭も私たちのお給料にならなかったんです。そのときは、イベントの物販収入だけでお金をもらっていました。収益のほとんどは制作費でなくなるので、本当にわずかなんですが……。そんな中で、フリー素材を1年くらい使っていただいていた山芳製菓さん(「わさビーフ」の広告)が、Mika+RikaでCMやろう、と声をかけてくださったんです。

Rika それが“フリー素材アイドルという職業”のMika+Rika、として使っていただいたはじめての例ですね。そのあと、ソニーモバイルさんの「Xperia」のCMでも起用していただいて、次は銀行のCMのお話もいただいています。

Mika フリー素材をやっていて、いままではネット広告のなかでの起用が多かったのですが、こういったCMや雑誌のお仕事をこれから増やして、もっと幅広い層の方に知っていただきたいと思っています。

 

「きんさんぎんさんみたいな」「おすぎとピーコさんが目標」

――これからは、どんな活動を目指したいですか?

Mika 双子としてのタレント活動や音楽を頑張りたいです。変なものを食べたり、危険な場所に行ったり、いろいろなレポートをしてみたいなぁ。せめてあと3年くらいは双子で活動したいよね?

Rika えーっ、あと3年なの? 私はずっと双子としてやっていきたいんだけど……。きんさんぎんさんみたいな、ふたりでセットの双子でありたいです。

Mika そうなの? 私の目標はおすぎとピーコさんなんだけど……。一人でもやっていけるくらいの芸をお互いに持っている双子でありたいです。

Rika やっぱり、最後まで意見が合わないなぁ(笑)。

 

写真=鈴木七絵/文藝春秋

この記事の写真(16枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー