昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『LIFE!』のコント収録はすごい怖かった

―― タモリさんは、トリプルファイヤーの曲を聴いたことはあるんでしょうか。

吉田 あぁ、言ってましたね、聴いてくれたって。CD渡したんですよ、初めてお会いしたときに。それで2回目か3回目にお会いした時に「聴いたよ」みたいな感じで言ってくださいました。まぁ、どんな感想だったかあまり覚えてないんですけど(笑)。悪いことは言ってなかったと思う。

―― なんか気に入りそうな気がするんですけど。

吉田 「むちゃくちゃ気に入ったよ」とは言われてないんですけど、「あんな感じなんだね」とか、そんな風なテンションだった気がします。

 

―― 『LIFE!』でコントをやられましたけど、やってみてどうでしたか。

吉田 ドラマの撮影以上に「こうしろ」っていうのをはっきり求められるところがあって、すごい怖かったですね(笑)。「もうアドリブとかどんどんやってくれていいから」とか言われるんですけど、それでスベったら恥ずかしいじゃないですか。役者の人ってそこまでやってるんだなって。とにかく演技指導がけっこう入りましたね。「今どういう気持ちで声をかけたの?」みたいな。

―― ドラマ(『卒業バカメンタリー』)の時はアドリブとかは入れてたんですか。

吉田 セリフを間違えたのを、間違えてない風にしたりとかはしました(笑)。「そこ適当に喋って」とか言われる時もあるので、その時はまぁ喋ってましたけど。そういう時のセリフってたぶん音声としてほとんど入ってないんですけどね。

 

―― 現場の雰囲気ってどうでした。

吉田 全然ピリついてないというか、あったかい感じでよかったですね。

―― ジャニーズのおふたり(藤井流星と濱田崇裕)の印象はどうでしたか。

吉田 最初は遠くから見ていたんですけど、だんだん同じ人間なんだなっていうのが会話から感じるようになってきて、いい人たちでした。まぁ、今でも会うほど仲がいいとかはないですけど(笑)。

初対面なのに、何でこんなひどいこと言われなきゃいけないんだ

―― 最近好きな番組とかはありますか。

吉田 最近観てるのは『にちようチャップリン』とか『ゴッドタン』。あと『ドキュメンタル』とかですかね。あっ、『フリースタイルダンジョン』も観てますね。

―― 『フリースタイルダンジョン』といえば、吉田さんも「LIVERARY LIVE“RAP"Y in 森道市場」で呂布カルマさんとMCバトルされてますね。

吉田 そうですね。ビデオ公開されて、それでもいいなって思われる感じのものではあったんで、よかったですね。こんなずっと残るって思ってなかったですけど。

―― ああいうフリースタイルみたいなのってやられたことあったんですか。

吉田 いや、ないですね。飲み会とかではありましたけど、ディスりあったことはなかったんで。初対面なのに、何でこんなひどいこと言われなきゃいけないんだって思いながらやりました(笑)。

―― 今は基本的にはお笑い番組が好きなんですか。

吉田 そうですね。でも『ドキュメント72時間』とか、ああいう普通に町に生きる人々を捉えている番組も好きですね。