昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/08/30

夢のようだった古田さんとの再会

 それから13年のときが経ち、2018年。先日、なんと古田さんと2度目の対面を果たすことが出来ました。どうしてお会いできたかというと、私が声を担当しているキャラクターがいるアプリゲームのCM撮影の見学をさせていただいたのです! 「八月のシンデレラナイン」という、女子高生たちが甲子園を目指して頑張って行くゲームなのですが、このゲームの1周年記念のCMに古田さんが出演されて、私はこのCMのナレーションもやらせていただけたんです。

 その縁で「見学にきませんか?」と声をかけていただいて、直接お話もさせていただけて。ちゃんとお話するのは初めてだったので、「実はテレビとかで見るような姿は偽りの姿で、本当はめっちゃ怖かったらどうしよう? いや、たとえそうだったとしてもこの好きな気持ちは変わらないんだから!」と、覚悟もして行ったのですが、撮影中ずっと笑顔で対応されていて、自ら「もっかいやりますよ!」とか「こんなのどうでしょう!?」って挑戦されていたり、セリフを何度も練習されていたり、好感しかなかったです。

 さらには、その練習されていたセリフを、私に「松嵜さん、声優さんなんでしょ? ちょっと読んでみてよ」と話しかけてくださって!!!(脳内で「松嵜さん」がリフレイン)私が言ってみたように真似るお茶目さも見せてくださって完全に魅力にノックアウト。

 自分が大好きになった方がこんなに素敵な方で、「この人を好きになってよかった〜」って思ったし、素敵な方過ぎてファンであることが誇らしくもなりました! この日は1日中、天にも上る気持ちでふわふわしていて幸せ過ぎたんですが、お会い出来たこと以上に「自分がお仕事した作品で古田さんと関われたこと」が何より幸せでした。イベントに行った2005年はまだ声優志望の大学生。97年からヤクルトファンになって、声優としてこんな素敵な方法で、選手の方と関われるなんてあの頃は想像もできませんでした。

憧れの古田さんとのツーショット ©松嵜麗

ほしいのは「選手との結婚」じゃなく、「チームの勝利」

 お仕事はお仕事。ヤクルトの応援は趣味。当たり前に、仕事と趣味はまったく別物だと思っていました。それが、好きにヤクルトのことを語れるラジオ番組をやらせてもらうようになってから、取材などで、今ではたくさんの選手のみなさんと直接お話する機会までいただけるようになりました(なんなら文春野球では憧れの大スター、真中さんと伊藤さんとチームメイトにもなりました。これもまた本当にびっくり)。

 実は最初は、嬉しさよりも戸惑いの方が大きかったんです。「会いたい」わけじゃないって。そりゃあ、お会いしてみたいけど、ただのファンなわけだし、迷惑かけたくないし、「こんな私がこんなすごいお仕事やらせてもらえていいんだろうか」って。結局いろいろ考えた結果、ヤクルトのことって地上波で選手の素が垣間見られるような番組もないし、ファンでなければ選手のことを詳しく知れる機会が少ない。だったら、もしかしたら私がそのお手伝いを出来るかもしれない。

 それで、もしファンが増えて、球場に足を運ぶ人が1人でも増えたら、そこで盛り上がったお金がまわりまわって選手の元にいったり、設備の修繕とかもできたりするのかもしれない! 私も役に立てるかもしれない!! 「このお仕事をしているからこそできることがある!!!」って考えられるようになりました。この文春野球もそうですが、そんな野望を叶えられるかもしれない機会を最近ではたくさんいただけて、すごくありがたいです。

 ファンの方で、「松嵜さんのおかげでヤクルトファンになりました!」って楽しそうに言ってもらえることも増えたんですよ!! それも物すごく嬉しくて!!! こんなに幸せでやり甲斐のあるお仕事はなかなかありません。これだけでも十分すぎるくらい幸せなのに、まさか、ずっとなりたかった憧れの声優という職業で、自分が関わっている作品に大好きな選手が関わって、しかもそのCMにナレーションをさせていただけるなんて奇跡みたいな幸せなお仕事と巡り会うことまでできました(涙)。こんな関わり方を私がさせていただけたこと。今もたまに「夢だったかも」と信じられなくなって、何度も録画したCMを見ます(笑)。

 ヤクルトファンの声優が味わった幸せなお仕事。「これを超えるファンとして嬉しいお仕事ってなんだろう?」って欲張りにも考えてみましたが、神宮球場で流れるCMのナレーションができたなら、もう泣くほど嬉しいんじゃないかなって思うんです! ヤクルトファン声優の夢ですね☆ あ、夢といえば!!、よく「野球選手と結婚したいの?」とか「野球選手と結婚できるといいね」って言われるんです……。

 全然そういうの「ちがーーーーーーーーーーーう!!!!」のです。選手との結婚がほしいわけじゃない! 勝利がほしいんです!! そして勝利の先にある笑顔を見たいんです!!! なんならもうヤクルトと結婚したい。いや、気持ち的にはもうしてます(笑)。よーっし、声優として精進しながら、普及にも力を入れて、そしてもっともっとヤクルトとの子ども(私きっかけでヤクルトファンになってくれた方)を産むぞー!!!

「八月のシンデレラナイン」。松嵜は「花山栄美」役
【iOS】https://itunes.apple.com/jp/app/id1218144173
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.aktsk.hachinai

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/8395でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。