昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/09/18

今年はダメージ少なくCSを迎えられるはず

 で、ここまで記したこの問題。

 冗談とかではなく、V1、V2の去年まではたいへん大きく影響していたのではないかと私は本気で思っている。本気で思っているからこそ、ていねいに長々と記してきたのである。

 2016年は日本シリーズで敗退。このときの相手、日本ハムは所沢のメットライフドーム(当時は西武プリンスドーム)で優勝を決めたので優勝に付帯する精神的肉体的旅先疲労はカープとイーブンだったと言える。が、4年ぶり優勝だった日本ハムに比べてカープは25年ぶり。興奮度、その興奮に伴う飲食、歓談に費やされるエネルギーは日ハム選手の比ではなかったはずだ。

 また、2017年の場合はもっとはっきりしてる。ベイスターズは優勝祝賀会をCSファイナルの時点で当然の話だが、してないのだ。ビールかけもしてなければ興奮に伴う飲食も歓談もしていない。精神的、肉体的疲労がそこにない。もちろん、CSまでハードなゲームが続いたことによる疲労はあるだろうが、優勝に伴う喜びから来る飲食、歓談による疲労とは種類が違う。あまり問題にされていないが、リーグ優勝チームは常にいちどそこで精神的、肉体的にふだんはない種類の疲労が蓄積されているのである。

 ならばリーグ優勝時にはおとなしくして、お酒はビール一杯ぐらいにして、いや、石原慶幸捕手が1000本安打達成時に菊池涼介内野手がお立ち台で口にした「マクドナルドでお祝い」程度にして、リーグ優勝当日は静かに解散。周囲も含めて「サイレントトリートメント」ならぬ「サイレント優勝」にすればいいのではないか、と文章なら成立するが、やはり現実には無理。おおいに喜びを爆発させたい。そのためにその日まで頑張ってきたのだから。優勝祝賀会はおおいにやるべきである。

 ただ、今年は地元広島での優勝がほぼ間違いないため精神的肉体的に疲労が抑えられる。また、気分的にもぜったい違う。

 今年こそ!
 今年こそ!!
 今年こそ!!!

 現実的にはマジック4とはいえまだ優勝までも気は抜けないのではありますが。今年こそ旨酒を。その瞬間を。そしてCS突破、日本一の瞬間を。待ってます。よろしくお願いします。

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/8854でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー