昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ライオンズ優勝!」を盛り上げた西武鉄道の“神ダイヤ”とは

試合終了時刻が読めないなか、どうやって臨時電車を走らせている?

2018/10/15

日本シリーズが「11月3日」になったら……ちょっとした事件です

――さて、まもなくクライマックスシリーズ、そして日本シリーズです。日本シリーズ進出となれば10年ぶり。もちろん万全の輸送体制で……。

石田 もちろんです。と言っても、今からなにか新たにすることはなくて、事前の野球ダイヤに従って準備するのですが。ただ、ひとつ大きく気になる問題もありまして。それは、毎年11月3日のあるイベントなんです。

西武鉄道伝統の「黄色い電車」

――もしかして、航空自衛隊入間基地の航空祭ですか?

石田 はい。日本シリーズが雨で順延になったりすると、場合によっては航空祭と重なってしまう。航空祭もたくさんの方がいらっしゃるので臨時電車を走らせていまして、日本シリーズと航空祭が重なるというのは、ウチの社内的にはちょっとした事件なんです。朝から晩まで一日中臨時を走らせているような状況になるので。

相手球団が屋根のない球場だったら……

――ああ、メットライフドームは屋根がありますけど、相手球団が屋根のない球場だとそういうことが起こりうる……。

石田 今年ですと広島かヤクルトですと可能性はありますね。確率としては小さいでしょうけど、もしそうなっても大丈夫なように万全の準備をして待ち構えたいと思っています。

 こうしてライオンズが勝って、たくさんのお客さまに来ていただいて臨時電車を走らせる。これは私たちにとっても嬉しいことですし、誇りをもってできる仕事のひとつですから。クライマックスシリーズ、日本シリーズにはぜひたくさんの方にドームに来ていただきたいですね。

――もちろん西武鉄道に乗って、ですね。ありがとうございました!

写真=鼠入昌史

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z