昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/10/17

「まだ若いし行けるところまでは競技を突き詰めてみよう」

 来春の卒業後は青学大の原晋監督もアドバイザーを務めるGMOアスリーツへと進む。同時に進学する東大大学院では、これまでの専攻とは畑の違う運動生理学を学ぶ予定だ。

「色んな選択肢はありましたが、まだ若いし行けるところまでは競技を突き詰めてみようと思いました。後悔はしていませんし、まずはこのフィールドで進んでいこうと思います。箱根も去年の二の舞にはならないように気を付けて、このチャンスをつかめるように生活や練習をぬかりなくやっていきたいです」

©文藝春秋

学生連合のタスキに色はない

 近藤には、今でも記憶に残っている姿があるという。それが、昨年自身が欠場した箱根駅伝本戦で、代役を務めた矢沢健太(当時・芝浦工大4年)の走りだ。自分のベスト記録を上回るペースで進んでいく高速レースに矢沢は食らいつき、自身の100%以上の実力を発揮してみせた。

「矢沢さんは直前まで箱根駅伝を走れるか分からなかった状況にもかかわらず、手を抜かずにギリギリまで完璧な準備をしていました。その姿勢には本当に感動しました。自分もあの姿勢を見習わないといけないと思います」

 学生連合のタスキに色はない。

 毎年、選手も監督もガラッと変わり、普通のチームのようにチームカラーがあるわけでもない。それでも、受け継がれるものはある。昨年の矢沢の走りは、近藤の強さを形作る一端になっているのだろう。

「大学4年間の集大成の走りを、応援してくれている人たちに見てほしいです。皆さんに“何か”を伝えられるような走りができればと思っています」

 4度目の正直にして、最初で最後の大舞台。

 今年こそ、近藤の魂の走りを箱根路で見てみたいと切に思う。彼は最後の最後に、我々にどんな走りを見せてくれるだろうか。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー