昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

インバウンドが生んだ「そばカルボナーラ」は秋葉原の新名物になるか?

「GRIDS AKIHABARA」NY仕込みのランチ

2018/12/11

 神田、秋葉原、浅草橋あたりは、最近ホテルやホステルの建設のラッシュ。よく行く「西口やきとん浅草橋本店」の前もホテルになるとのウワサである。

 ファミリーバザールで有名な東神田の柳原通りにも、小さなホステルGRIDS AKIHABARA HOTEL + HOSTELが2015年から営業している。

 欧米やアジアの若者が多く利用しているようで、夕方には、カフェやバーラウンジがある1階は活気があって人気のホステルである。

東神田の柳原通りにあるホステルGRIDS AKIHABARA HOTEL + HOSTEL
月・火曜日限定でランチを提供。そのメニューに「そばカルボナーラ」を発見!

太麺のそばに生クリームがよくからまった「そばカルボナーラ」

 昼時に仕事に行く途中、このホステルの前をいつも通るのだが、ある時、とっても不思議なランチメニューが視野に飛び込んできた。それは「そばカルボナーラ」(600円)。どんなそば料理なのか気になっていた。

 11月最後のある平日の昼前、早速、GRIDS AKIHABARAを訪ねてみた。すると驚くことに、「そばカルボナーラ」には若きそば打ち青年のそばへの熱い思いが込められていたのだ。

 1階のカフェラウンジで「そばカルボナーラ」を注文した。待つこと5分、白いプレートに載って登場した。

1階のカフェラウンジはゆったりした雰囲気
ランチは3種類。「そばカルボナーラ」は一番人気
ワンプレートにそばカルボナーラ、バターロール、サラダとスープ、量も十分。これで600円

 たしかにそばでカルボナーラが完成されている。プレートにはバターロールが2つとベビーリーフのサラダ、大根のスープが載って、見た目も洗練されている。そばをフォークで食べてみると、太麺のそばに生クリームがよくからまっていて、パスタよりしっとりした食感がなかなかよい。ベーコンからスモークされた香味が広がっている。しかも、塩加減が抜群によい。途中、卵黄をくずして混ぜて食べていくとさらに旨さが増していく。

 このカルボナーラのソースをパンに付けて食べるのもよい。そばがすばらしく調和しているところが大変ユニークだと思う。